『WEBマーケティングとは何か?』未経験・独学で勉強中の私が調べて簡単に説明します。

 この記事に辿りついたと言う事は、貴方は少なからず

『WEBマーケティングに興味がある』

そういう事だと思います。


 実は私もその一人です。

『興味がある』

という部分からもわかるように、私も貴方と同じで勉強を始めたばかりのド素人です。


 ド素人同士だからこそ、貴方が本当に知りたい情報を提供できると考えています。

「正直、専門家や詳しい人の説明は難しくて分かり難い」

「WEBマーケティングに興味を持っている自分達にも分かりやすいよう、簡単に説明して欲しい」

等と、

「一緒に学んでいけたら良いなぁ」

と思っていただける貴方向けの記事となっています。


 そこで今回は

◎、マーケティングとは何か?

◎、WEBマーケティングとは何か?

この2点について見ていきます。


 この記事を読む事で、ど素人の私達でもWEBマーケティングとは何かを知る事が出来ます。

 私達は何を目指しているのかをイメージする事ができます。


 それでは早速見ていきましょう!





誰にでも分かりやすく簡単に説明『マーケティングとは何か?』

 結論:『価値を提供し続ける仕組み』


 マーケティングの定義は考える人によって違いがあるようです。

 そのため、ちょっと哲学的な概念なのかもしれません。


 それでも、浸透している定義はあります。

 一般的にマーケティングとは、

『売れる仕組み』

『売れ続ける仕組み』

とされています。


 これらの違いは単発的でも売れればマーケティングとするか。

 継続的に何度でも売れればマーケティングとするか。


 このくらいの違いで、私的には大差ありません。

 正直どちらも微妙にシックリきません。


 私は物を売る商売としてマーケティングを活用するのはオマケみたいな感覚を持っています。


 そんな私がマーケティングを調べる中で、シックリきて、私がマーケティングを活かしたいと考えた目的に一番合っている定義は

『価値交換』

という考え方です。


 売れる仕組みでは物を売る商売として活用するしかありません。

 しかし、価値の交換というと扱うモノは必ずしも商品とは限りません。


 詳細はこちらを見て頂きたいのですが、

>>>管理人フタのプロフィール


 私はWEBマーケティングで、頑張って努力しているのに埋もれてしまっている

『人』

を扱いたいんです。


 もちろん、収益として物を売ることにも活用すると思います。

 しかし、それが全てではない。


 もしも貴方が私と同じで、

『物を売る』

だけではない価値観を持っているのなら、私のブログ記事は全て、貴方のお役に立てると思います。


 私の中でのマーケティングとは

『価値を提供し続ける仕組み』

と考えます。


 一応、お堅いキチンとした定義も載せておきますが、読むのが嫌になったら読み飛ばして次に行って下さい。

アメリカ・マーケティング協会(AMA)

「組織的な活動であり、顧客に対し価値を創造し、価値についてコミュニケーションを行い、価値を届けるための一連のプロセスである。」

「更にまた組織及び組織のステークホルダーに恩恵をもたらす方法で、顧客関係を管理するための一連のプロセスである。」

フィリップコトラー

「個人やグループが価値物を創造し、提供し、それを他人と自由に交換することでニーズやウォンツを満足させる社会的、管理的プロセス」



誰にでも分かりやすく簡単に説明『WEBマーケティングとは何か?』

 結論:『買いたい気持ち作りをし、価値を提供し続ける仕組み』


 マーケティングとは何かを見てきました。

 そこで私は

『価値を提供し続ける仕組み』

と定義しました。


 ではWEBマーケティングとは一体なんでしょうか?


 とてもシンプルに言えば

『WEB上で行うマーケティング』

と表現できます。


 その通りだと思います。

 しかし、勉強しているとどうやら、通常のマーケティングと、WEB上で行うマーケティングとでは大きな違いがありそうです。


 通常のマーケティングでは基本的に

「価値をどう売るか?どう提供するか?」

を考えます。


 しかし、WEBマーケティングでそれをやると売れません。

 受け取って貰えません。


 それは何故か?

 WEB上では

◎、売りたい気持ち

◎、価値を押し付けたい気持ち

が見透かされてしまうからだそうです。


 確かに私達も日常的にインターネットを活用していて、現実社会よりもインターネット上の方が財布のヒモは堅いですよね。


「この情報って本当?」

と、情報の真偽を疑い、価値を素直にそのまま受け取ることにも抵抗しがちです。


 100円でも有料記事は

「高い!」

と感じてしまいます。


 本屋や100円均一店に、100円の薄い本が売っていたら

「安い!読書慣れしていない私には読みやすくてちょうど良い!つまらなくてもどうせ100円だし」

なんて感じるのに、インターネット上だと100円でも中々買うのに勇気がいる。


 だからこそ、WEB上で行うマーケティングは

「売りたい」

と言う気持ちで行うと失敗するそうです。


 ではWEBマーケティングではどのような意識を持てば良いのでしょうか?


 それは

『買いたい気持ちを作る』

です。


「売りたい」は私達側の目線・価値観です。

「買いたい」は相手側の目線・価値観です。


 つまり、WEBマーケティングとは、

「自分がどうしたいのか?自分がどう思うのか?」

ではなく


『相手はどう思うのか?』

の視点で行うモノという事です。


 そのため、WEBマーケティングとは

『買いたい気持ち作りをし、価値を提供し続ける仕組み』

と定義します。


 これだけでも、とても難しそうですね。




まとめ

 今から自分達が学ぶモノ、目指す先を知らなければ学びようがありませんので、定義を明確にしました。


 それでは

「WEBマーケティングとは何か?」未経験・独学で勉強中の私が調べて簡単に説明します

をまとめて終わりにします。


 マーケティングとは

  価値を提供し続ける仕組みのことである。


 WEBマーケティングとは

 買いたい気持ち作りをし、価値を提供し続ける仕組みのことである。



 今から何を学び始めるのかを見るだけでも

「よし頑張るぞ!」

と思うと同時に

「本当に自分でも学べるかな?大丈夫かな?」

と不安な気持ちになりますね。


 私も読んでくれている読者さん達のために挫折しないように頑張ります。

 折角こうして学び始める同じタイミングで出会えたわけですから、一緒に頑張って行きましょう!



 少しでも

「面白かった」

「読みやすかった」

「ためになった」

等ありましたら、是非他の記事も読んで行って下さい。


◎、ツイッターのフォロー

◎、記事のシェア

等も宜しくお願いします。

今後も広告を載せないで運営して行きます。

 

そのため、こちらより

「これで缶コーヒーでも飲みなよ!」

と応援していただけると頑張れます!
ふたひい@…にOFUSEする

未分類

Posted by futa