「新しいアイデアが浮かばない!」と悩む貴方が、最初に知っておくべき、アイデアの仕組み

「アイデアが全然浮かばない!」

「アイデアを出すのって本当に苦手なんですよね。」

「アイデアを生み出す考え方を知りたい!」

そのように悩んだ経験はありませんか?

 

 そんな貴方に今回は

『アイデアのつくり方 著:ジェームス”ヤング』

を元に、アイデアの仕組みについてお話していきます。

 

 内容としては

◎、アイデアの仕組み

◎、アイデアを作りだす能力

この2点です。

 

 この記事を読む事で、アイデアはどんな構造で作られているモノなのかを知り、作りだす下準備ができます。

 新しいアイデアを考える道筋を立てる事が出来るようになります。

 アイデアへの苦手意識が薄まります。

 

 それでは詳しく見ていきましょう!

 

 

 

アイデアを考えるのが苦手な人は知っておくべき事『アイデアの仕組み』

 結論:『既存のモノ同士の新しい組み合わせ』

 

 アイデアを考える事が苦手な貴方は、アイデアとは

「何か突拍子もないところから、急に降ってくるモノ」

又は

「豊富な経験からの工夫や応用として浮かんでくるモノ」

このような類のモノだと考えていませんか?

 

 しかし、それは誤りです。

 アイデアとは、急に降ってくるモノでも、豊富な経験から派生したモノでもありません。

 

 アイデアとは

『既存のモノの新しい組み合わせの事』

なんです。

 

 更に深掘りすると、アイデアを生み出す方法には、手順・公式が存在します。

 つまり、アイデアをドンドン生み出す人はこの手順を満たしているので、沢山アイデアが沸いてくるんです。

 

 もっとも、彼らがそれを意図的に満たしているのか、経験則や感覚から満たしているのかはわかりません。

 ともかく、手順や公式がある以上、貴方はそれを知り、それ通りに考えていけば、苦手意識を持っている貴方でも新しいアイデアを生み出す事が可能になります。

 

 その具体的な公式・方法はこちらの記事に書いてあります。

>>>AIが進化しても必要とされる人間!そのために必要な能力が身に付く!『アイデアのつくり方 ジェームスWヤング』

 

 どうでしょうか?

「アイデアは既存のモノ同士の新しい組み合わせだから、意図的に生み出す手順は存在している!!!」

これを知れただけでも、やれそうな気がしてきますよね。

 

 貴方に足りなかったモノは、こんなちょっとしたアイデアの仕組みだったんですね。

 

 

 

アイデアを考えるのが苦手な人は知っておくべき事『アイデアを作りだす能力』

 結論:『関連性を見つけ出す能力』

 

 アイデアの仕組みを知れたところで、

「じゃあ、どんな能力を鍛えるとアイデアを生み出す能力が高まるの?」

と疑問に思います。

 

 それは

『関連性を見つける能力』

です。

 

 アイデアとは

『既存のモノ同士の新しい組み合わせ』

ですので、今まで結びついていなかった新しいモノ同士の関連性を見つける事が出来れば、それだけでアイデアなんです。

 

 これを身近な例にすると

「目玉焼きに色々なモノをかけて試しまくる」

 これと同じ思考です。

 

 貴方は目玉焼きに何を掛けますか?

 

 醤油派や塩派のように

「王道しかあり得ない!」

という人は、アイデアを生み出しにくい。

 

 一方で中にはケチャップ、マヨネーズ、七味トウガラシ、酢、ラー油、塩辛なんて人もいます。

 

「えっ!そんなの掛けるの?変なの!」

『いやいや、案外これが結構いけるんだって!!』

こんな会話ありそうですよね。

 

『目玉焼き×塩辛』

 この組み合わせを考え出した人は

「目玉焼きと塩辛には、味の関連性があるのではないか?相性が良いのではないか?」

のように、組み合わせ・関連性を意識したのかと思います。

 その結果生まれたモノです。

 

 このような組み合わせ(アイデア)を作りだした人は

「合うわけないじゃん」

と心でブレーキを掛けずに、試したんでしょうね。

 

 その結果新しい組み合わせ(アイデア)を見つけた。

 このように、アイデアを出せない多くの人は心でブレーキを掛けてしまうんですね。

 

 そのため、

『アイデアを作りだすには、心の訓練が必要』

とも言われています。

 

 自分で無意識に、勝手にブレーキを掛けないで、様々な組み合わせ、関連性を探すために心を訓練する。

 

 私は、これを

『モノの可能性を模索する能力』

と表現します。

 

 これは本ではなく、私が勝手にそう言っているだけですが。

 既存のモノの可能性・広がりを受け入れ、探す能力。

 能力なので、訓練次第で成長します。

 

 この能力を訓練する方法は

『ずるい考え方~カタい頭がやわらかくなる発想トレーニング~ 著:木村尚義』

に関する記事をお待ち下さい。

 

 

 

まとめ

 アイデアはどういった作りになっているのかを知り、それを作る能力もわかりました。

 それを具体的に活用する手順・公式も記事にしています。

 あとは貴方が行動するかどうかの問題です!

 

 それでは

「新しいアイデアが浮かばない!」と悩む貴方が、最初に知っておくべき、アイデアの仕組み 

についてまとめて終わりにします。

 

 アイデアとは

 既存のモノ同士の新しい組み合わせで出来ている

 

 アイデアを作りだす能力とは

 関連性を見つける能力

 

 

 ここまで読んで頂きありがとうございます。

 是非、他のアイデアのつくり方シリーズの記事も宜しくお願いします。

>>>カテゴリー『アイデアのつくり方』

 

 

 現在ふたひいは活動の一つとして音声配信をしています!

>>>stand.fm『ふたひいの、話を聞くよ!相談室』


 そちらでは、貴方からの相談や質問、リクエストに私なりの考えで回答していきます!

 何かをしながら聞き流せますので、貴方の耳のお供に是非!


 私の音声配信チャンネルもよろしくおねがいします!

 少しでも

「面白かった」

「読みやすかった」

「ためになった」

等ありましたら、是非他の記事も読んで行って下さい。


◎、ツイッターのフォロー

◎、記事のシェア

等も宜しくお願いします。

今後も広告を載せないで運営して行きます。

 

そのため、こちらより

「これで缶コーヒーでも飲みなよ!」

と応援していただけると頑張れます!
ふたひい@…にOFUSEする