iphone12に搭載されると話題のLidar(ライダー)スキャナとはなに?何が変わるの?わかりやすく説明します。

「今度発売されるiphone12はカメラが進化するらしいけど、どうなるの?」

「iphone12に搭載されると話題のLidarスキャナーってなに?」

「何でもいいから、誰かわかりやすく教えて!」

こんな風に思いませんか?

 

 そこで今回は

『iphone12に搭載されると話題のLidarスキャナーとはなにか?』

を簡単に説明していきます!

 

※ 『スキャナー』は、以降省略します!

 

 この記事を読む事で

◎、これからのテクノロジーを支える、センサー系の新しい技術を知ることが出来ます。

◎、Lidarが使われるドローン、自動運転車、iphone12等のカメラ機能を使いこなし、楽しさが増えます。

◎、未来を予測してワクワクできます!

 

 それでは早速見て行きましょう!

 

 

 

Lidar(ライダー)とはなにか?

 結論:『新しい高性能センサーの一種』

 

 Lidarとは、いわゆるセンサーの一種です。

 今までのセンサー類の弱点だった部分を補える高性能センサーになります。

 

 例えば今までのスマホだと

「ポケモンGOやドラクエウォーカーズのようなARゲームで、ゲーム映像と現実風景との距離感が曖昧で、リアリティがなく、なんか不自然!」

 

「スマホカメラで風景と一緒に集合写真を撮ろうとしたら、ピンボケしてしまい上手く撮れない部分がある!」

こんな経験はありませんか?

 

 Lidarが導入されると、これらの不具合や違和感を解消してくれます。

 AR映像が現実の中に馴染むようになるんですね。

 更にピンボケを起こしにくくなります。

 

 では、このようなちょっとした

『痒いところに手が届く』

Lidarとは、一体どんな特徴を持つ技術なのでしょうか?

 

 それを簡単に見て行きましょう!

 

 

 

Lidar(ライダー)の特徴とは?

 結論:『空間認識能力に長けている』

 

 Lidarは今までのセンサーの弱点を補うと言いましたよね。

 そこで、今までのセンサー類の弱点と比べる形でLidarの特徴を見て行きましょう!

 

 まず始めに、今までのセンサーの弱点ですが主に

◎、白い物や木を上手く認識できない

◎、物同士の距離感が上手く掴めない

となります。

 

 Lidarはこれらの弱点を補うんですね!

 もう少しだけ深掘りしてみましょう!

 

 

<何でも認識可能>

 今までのセンサーはその原理の関係で、白い物や木を上手く認識できないのだそうです。

 しかし、Lidarはこの弱点を克服しているそうです。

 

 つまり、色とか物体に関係なく、何でも認識することが可能だという事です。

 

 今回はiphoneで考えているので、

「そうなの?今まで感じなかったけど」

と感じますが、これを自動車の自動運転のセンサーに使うと考えたら物凄く重要な進化だとわかります。

 

 自動運転をするのにセンサーの機能は重要です。

 しかし、白い物や木を上手く認識できないでいると、横断歩道や白い服の人を認識できませんし、森の中も木を認識できずに、事故を起こしますからね。

 

 

<自分を中心にしないでも距離が測れる>

 今までのセンサー類が物同士の距離感が上手く掴めないとはこう言う事です。

 

 今までのセンサーは

『自分を中心とした、その他の物体との距離』

は測れます。

 

 しかし、

『他の物体同士の距離』

は測れませんでした。

 

 イメージとしてはこんな感じです。

 

 そのため漏れもあるし、全体像を感知する能力も低かったわけです。

 

 一方のLidarはこの弱点を補い、自分を中心としなくても、その他の物体同士の距離感も把握できます。

 イメージとしてはこんな感じです。

 

 それによってAR映像をどの位置に配置すると自然に馴染むのかが判断出来ます。

 そのため、ポケモンGOのようなARゲームの映像が、よりリアルに溶け込むようにできるわけです。

 

 更に、距離感が掴める関係で、カメラの焦点を当てる判断性能も高まります。

 

 スマホで考えると、

『カメラやARゲームの違和感がなくなるくらいの進化』

との印象ですね。

 

 しかし、これによって健康情報や貴方のウェストを図る等のアプリ性能も劇的に進化します。

 そして何よりも、スマホ以上に自動運転の進化が加速します。

 

 

<欠点>

「詳しいことは分からないけど、イメージは出来ました。じゃあ、今までのセンサー類はもう不要じゃん!」

と思うかもしれませんが、そうでもないんですね。

 

 確かにLidarは今までのセンサー類の弱点を補う高性能センサーなのですが、弱点もあります。

 それが大きく2つ。

◎、雨等の悪天候で性能が落ちる

◎、一つのセンサーではそこまで広域はカバーできない。

 

 Lidarは雨の日には性能が大きく落ちるそうです。

 そのため、悪天候に影響を受けない今までのセンサーも必要なのだそうです。

 

 更に、Lidarは前方の感知に強いため、一つのセンサーだけではあまり広範囲までをカバーできないようです。

 そのため、横、なんなら後ろまで広範囲に感知できる今までのセンサーも必要なんですね。

 

 つまり、これらの事から、

「Lidarだけで全てオッケー!」

ということではなく、

 

「Lidarと今までのセンサーと、お互いに弱点を補いあって頑張ろうよ!」

という事なんですね。

 

 

 

まとめ

『Lidarは今までのセンサー類の弱点を補う、高性能センサーの一つ』

『前方の、物の距離間を測るのに適している。ただし、天候の変化に弱い』

『だから、今までのセンサーと力を合わせて行こうよ!』

と言う事です。

 

 Lidarはスマホだけではなく、自動運転やドローン、宇宙船に至るまで!!!

 これからのテクノロジーの進化を支える、センサー系の新しい技術だと言えそうですね!

 

 そんなLidarが使われるこれからの時代の進化を理解しながら眺めることが出来るとワクワクしませんか?

 

 もし少しでもワクワクするのなら、他のテクノロジー記事も読んで、もっとワクワクしながら、時代の流れに乗って行きましょう!

>>>カテゴリー『テクノロジー』

 

 

 現在ふたひいは活動の一つとして音声配信をしています!

>>>stand.fm『ふたひいの、話を聞くよ!相談室』


 そちらでは、貴方からの相談や質問、リクエストに私なりの考えで回答していきます!

 何かをしながら聞き流せますので、貴方の耳のお供に是非!


 私の音声配信チャンネルもよろしくおねがいします!

 少しでも

「面白かった」

「読みやすかった」

「ためになった」

等ありましたら、是非他の記事も読んで行って下さい。


◎、ツイッターのフォロー

◎、記事のシェア

等も宜しくお願いします。

今後も広告を載せないで運営して行きます。

 

そのため、こちらより

「これで缶コーヒーでも飲みなよ!」

と応援していただけると頑張れます!
ふたひい@…にOFUSEする