『利用者のFIREを目指す仮想通貨UKHトークンの利率とその他仮想通貨運用利益』をわかる範囲で計算してみた!

2021年9月14日

「シノビウォレット利用者のFIREを目指す!」

とする仮想通貨UKHトークンが誕生し、たった今プレセール中です。

>>>コインチェックIEOに外れた人必見!?私が注目中の『仮想通貨UKHのプレセール』について説明します。

※ FIREとは、不労所得だけで生活できる状態の事です。

 

 しかし、この仮想通貨UKHトークンの運用方法は2種類あり、片方は利率が固定なのでわかりやすいのですが、もう片方は固定ではないので

「これって毎月幾らくらいの収益になるんだろう?利率はどのくらい?」

「何となくだけでも、利率を知りたいなぁ~!それによって判断が変わるのに!」

「そもそも、他の仮想通貨の利率と比べてどうなんだろう?」

等々の声も多く聞かれています。

 

 そこで今回は

『仮想通貨UKHトークンの利率とその他仮想通貨の運用利益』

について、シノビウォレットロードマップを参考に、分かる範囲で、概算だけですが計算してみたのでご紹介します。

>>>UKHトークン情報局『シノビウォレットロードマップ』へのリンク

 

 この記事を読む事で

◎、仮想通貨UKHトークンに投資するかどうかの判断材料になります

◎、仮想通貨UKHトークンをsで持つか?bで持つか?の参考になります。

◎、仮想通貨UKHトークンの利率が、他の仮想通貨運用利率と比べてどうなのかわかります

 

 もう一度言いますがわかる範囲で私が好き勝手に概算を出しただけで、正確なモノではありません。

 参考にする程度にして下さいね。

 

※追記:初回経営報告会にて具体的な配当金額が公開されたので、興味がある人はこちらの記事もお読みください。

>>>『姫神プロトコル、第一回経営報告会の内容』をわかりやすく説明します。

 それでは、仮想通貨UKHトークンとその他仮想通貨の運営利益について、一緒に見て行きましょう!

 

 

 

仮想通貨UKHトークンでのFIREは順調に行って来年

 仮想通貨UKHトークンでのFIREは

『順調に行って来年』

と考える事が出来ます。

 

 なお、これは仮想通貨UKHトークンによる資産運用の中で

『シノビウォレットの収益を配当金として受け取れる』

という方を選択した場合になります。

 仮想通貨UKHトークンは資産運用方法が2種類選べて

◎、シノビウォレットの収益を配当金として受け取るsUKH

◎、固定利率を配当金として受け取るbUKH

となります。

 

 そして、この中で前者のシノビウォレットの収益が配当金で貰える方で計算すると、経営が順調に行ってもFIREに来年一杯は掛かると言う事です。

 この辺り仮想通貨UKHトークンの詳しい説明はこちらの記事をお読みください。

>>>初めての仮想通貨『UKH・うけいトークンとは何か?』わかりやすく説明します。

 

 その上で、計算した内容等を3種類ご紹介していきます。

①、仮想通貨sUKHトークンの利率概算

②、仮想通貨bUHKトークンの利率計算

③、その他の仮想通貨利率での計算

 

 それでは、仮想通貨運用で得られる利率等について、更に詳しく一緒に見て行きましょう!

 

 

 

①仮想通貨sUKHトークンの利率概算

<初月配当金の概算>

 仮想通貨sUKHトークンの利率は

『0.21%くらいから始まる』

と言えます。

 

 この数字を見て

「うん?そんなに少ない?15%じゃないの?」

と感じたそこの貴方!

 それは恐らくこちらの公式(?)Youtube動画を見たり、これを見た人の発している情報を得たのかと思います。

 しかし、これらの情報の中ではそれだけ見込めると言っているだけで

「なぜ15%くらいを見込めているのか?」

の情報はないんですよね。

 公式にロードマップ上、初月収益は約1000万円を見込んでいるとし、プレセール販売枚数5億枚。

 つまり、1000万円の70%である700万円を5億枚分で分配するわけですが、

「この内容でどうやったら15%になるんだろう?」

というのが私の率直な感想です。

 

 だからわかる範囲でですが、計算をしてみたわけですね。

 ただし何度も言いますが、これは分かる範囲で私が勝手に出した概算ですので、他にも色々と要素があり、15%が見込まれているのかもしれませんので、そこまで私には見えていませんので悪しからず。

 その上で参考にした数値は、

◎、ブロックチェーンに刻まれている仮想通貨UKHトークン購入者情報

◎、シノビウォレットの今後の計画・予定

です。

 

「計算とか出されても私は分かりません!」

と言う人は、赤文字にしている部分だけ見て下さい!

 それが貴方に関係する数字です!

 

 

<初月の利率・収益>

 わかりやすいように、100万円分仮想通貨UKHトークンを持っている人で割合を計算します。

 これは購入者情報から、約100万円分仮想通貨UKHトークンを買った人が全体の何割保有していることになっているのかを見ました。

 すると、

約0.03%

となっています。

 シノビウォレット収益の70%が配当金になるので、シノビウォレットの初月収益予測の1000万円で計算すると、配当金は700万円。

 

 この700万円が仮想通貨UKHトークンの保有割合に応じて分配されます。

 100万円分持っている人は、0.03%ですから、700万円の0.03%受け取れることになります。

 すると

2100円の配当金

になります。

 つまり、100万円分仮想通貨sUKHトークンを持っている人は初月の配当金は2100円で、

初月の利率は約0.21%

ということになりそうなんですね。

「たったのそれだけなの?」

との声が聞こえてきそうですがこの利率は、銀行で長期定期預金の中でもトップレベルに高い金利のモノと同等ですね。

 つまり銀行に預けるよりは遥かに金利が良いと言えそうです。

 

 

<年末の利率・収益>

 先程と同じ条件で、2021年の年末にはどんな感じになっているのかを見て行きます。

 投資額は同じ100万円分。

 シノビウォレットの収益予測は約2億円

 

 2億円の70%が配当金なので、1億4000万円が配られます。

 100万円分保有している人はそれの

0.03%

分貰えるので、受け取れる金額は

4万2000円

となります。

 100万円分投資して4万2000円なので

利率は4.2%

になります。

 

 初月と比べると、かなり生活の足しになる金額ですよね。

 とは言え、まだまだこれだけで生活するのは難しそうです。

 では一体どのくらいでFIRE出来るのかを考えて見ましょう!

 

 

<FIREに必要な利率・収益>

 人によって生活費が違うので何とも言えませんが、月20万円あればFIRE出来ると仮定します。

 (私はこれだけあれば貯金も出来てしまうので)

 このように生活費を下げる方法はこちらの記事をお読みください。

>>>『お金を貯めるにはどうしたらいいのか?』その具体的な方法やコツをわかりやすく説明します。

 

 毎月20万円以上の配当金を受け取れるようになるためには、シノビウォレットの収益が10億円を超える必要があります。

 10億円の収益だと、配当金は7億円。

 7億円の0.03%を受け取れるので21万円

 この時の利率は21%

と言う事です。

 

 では、いつ頃にそこまで伸びるのか?

 結論としては分かりません!

 未来の事なので!

 しかしそれでは痒いところに手が届かないので、物凄くアバウトですが目安を考えてみると

2022年中

と言えるかもしれません。

 

 シノビウォレットは収益の伸びを、

毎月1000万円くらいずつ伸びて行く

と予測しています。

 しかし、取引所上場からその額は大幅に増え、上場で1億7000万円収益が増えると予測しています。

 その後更に増収し、徐々に伸びが落ち着いてくると考えると、平均的に月1億円ずつ増収すると仮定します。

 これで収益を予想すると

2022年1月 収益3億円

2022年2月 収益4億円

2022年3月 収益5億円

・・・・

2022年8月 収益10億円

となります。

 とは言え、こんなに順調に増えて行くとは考えにくいので

2022年一杯掛けて収益10億円

くらいと予測します。

 

 この伸び率の部分はかなりアバウトになっているので、もっと早くなる可能性もあれば、もっと遅くなる可能性もあります。

「物凄く簡単に誰でもDifiを利用出来るようにし、Difiのシェアを貰って行く!」

としているところを考えると、もっと規模が大きくなる可能性も十分考えられますので、期待は膨らみますよね。

※ Difiの市場規模は約10兆円です。

 

 なお、仮想通貨sUKHトークンを持っている人は、この収益だけではなく、同シノビウォレットプロジェクト内で進行している

◎、NFT事業の収益の一部も配当される

◎、ステーキングすることでエアドロップも受け取れる

という特徴があります。

 そのため、順調に行けばもう少し早く収益が増えて行く要素はあります。

 

 最後にまとめると、私は

初月 0.21%

2022年中 21%

くらいと予測します。

 あくまでも私個人の勝手な予測ですからね!

 

 

 

②仮想通貨bUHKトークンの利率計算

 次に仮想通貨bUKHトークンについても整理していきましょう!

『仮想通貨bUKHトークンの利率は、初期投資すれば約3%』

です。

 こちらは一定利率なので、予測ではありません。

 ただし、わかり難い部分があるので整理していきます!

 

 仮想通貨bUHKトークンの利率は

『仮想通貨bUKHトークン保有枚数の30%』

となります。

 ここで注意しておきたいのは、投資額ではなく、保有枚数が基準と言う部分です。

(私も勘違いしていました!)

 

 例えば、仮想通貨bUKHトークンを100枚持っていた場合、毎月30円分の配当が受け取れると言う事です。

 100枚分を正規価格(10円)で購入すると1000円ですので、実質的には1000円投資して30円の配当となり、円で利率を考えると

月3%の配当

と言う事になります。

 100万円投資したら月3万円

と言う事ですね。

 

 この利率は、sUKHトークンだと2021年の年末に超える計算となります。

 sUKHトークンの予測だと年末の利率は

月4.2%の配当

ですからね。

 

 

<bUKHトークンは価格が上がる>

 ただし、この計算はあくまでも初期価格での話です。

 bUHKトークンは取引所に上場予定で、初期価格が1枚10円というだけです。

 つまり、取引が広く始まればbUHKトークンの価格は変動します。

 

 最近のコインチェックIEOで販売開始された仮想通貨PLT(パレットトークン)を見れば分かる通り、キチンとしたプロジェクトなら価格は跳ね上がりますので、bUKHトークンの価格も跳ね上がる事が予測されます。

 

 例えば、仮にbUKHトークンが1枚100円にまで跳ね上がったら、利率は変動します。

 bUKHトークンを100枚買うのに1万円必要ですから、そうなると

1万円投資して月30円

となり、利率は

月0.3%

になります。

 そのため、上場してから参入するよりも、初期や今のうちに参入する方がお得なんですね。

 いわゆる先行者利益というやつです。

 

 なお、sUKHトークンの方は売買できず、bUKHトークンをsUKHトークンに変換する時には枚数が半分に減って損をします。

 この辺り上手く出来ていますよね!

 だから魅力的に感じて、注目するのならプレセールでsUKHトークンが直接購入できる今のうちに参入するのは、更にお得な先行者利益になり得るんですね!

(本当に事業が伸びて行くのならですが!)

 

 そんな仮想通貨UKHトークンのプレセール情報はこちら

>>>コインチェックIEOに外れた人必見!?私が注目中の『仮想通貨UKHのプレセール』について説明します。

 

 

 

③その他の仮想通貨利率での計算

 最後にステーキング等の仮想通貨資産運用で収益化できる、別の人気銘柄についてもサラッと確認して見比べてみましょう!

 

 まず人気ナンバーワンの仮想通貨ETH(イーサリアム)。

 これは概ね年利7%

 月に直すと

月0.58%

です。

 

 次に仮想通貨DOT(ポルカドット)。

 これは概ね年利13%

 月に直すと

月1.08%

です。

 

 次は仮想通貨IOST

 これは概ね年利10%

 月に直すと

月0.8%

です。

 

 最後に仮想通貨LISK

 これは概ね年利3%

 月に直すと

月0.25%

です。

 

 仮想通貨bUKHトークンは年利36%

 月に直すと

月3%

ですので、bUKHトークンの方が利率はかなり高いですね。

 もっとも、これは初期価格で参入した場合の先行者利益を得た人限定ですが。

 

 もう一つの仮想通貨sUKHトークン。

 これは初期利率は

月0.21%

なので、一番低いですね。

 しかし、年末には

月4.2%

の予想なので、今度は一番高利率に変貌を遂げそうです。

 

 しかも仮想通貨UKHトークンは他の仮想通貨銘柄と違い、ウォレットトークンなんですよね!

 一度使い始めたウォレットをコロコロと変える人はほとんどいません。

 そのため、利用者数が増えて行く事はあっても、減って行くことはほぼないんですね!

 そして、そんな特徴を持つウォレットで使われる仮想通貨がUKHトークンなんですね!

 

 このように見てみると、仮想通貨UKHトークンやシノビウォレットに色々と期待を寄せる気持ちも少しは分かって貰えるのではないでしょうか?

 私は期待して、既に保有しています!

 ちなみに全てsUKHトークンで持っています。

 

 しかし、予想通りにプロジェクトが進む保障はありませんので、それがリスクになります。

 そのリスクをキチンと理解した上で投資判断はして下さい。

 投資は自己責任なので、失敗しても誰も助けてはくれませんからね。

 

 

 

まとめ

 仮想通貨UKHトークンの利率を概算で計算すると、仮想通貨sUKHトークンでのFIREは順調に行っても来年と言えます。

 

 その計算と、その他の仮想通貨資産運用とを見比べました。

※ 利率は月利表示

①、仮想通貨sUKHトークンの利率概算

 『順調に経営が進んだ場合、初月0.21%、年末4.2%、来年20%超くらい』

 

②、仮想通貨bUHKトークンの利率計算

 『先行者利益の初期価格で投資額の3%、上場後は価格上昇に応じて割合が下がり得る』

 

③、その他の仮想通貨利率での計算

 『その他仮想通貨銘柄のステーキング利率は概ね0.25~1.08%』

 

 これで仮想通貨UKHトークンに投資するかどうかの判断材料の一つになりましたよね。

 更に、仮想通貨UKHトークンを

sUKHで持つか?bUKHで持つか?」

の参考にもなりましたよね。

 概算ですが、利率を出した事で、仮想通貨UKHトークンの利率が、他の仮想通貨運用利率と比べてどうなのかも判明しました。

 

 今回の数値はあくまでも今参入し、先行者利益を得た場合ですので、参入時期で変動し得ます。

 更に経営状況やbUKHトークンが上場した後の価格等によっても変動します。

 あくまでも私が勝手に推測して計算した値だということは忘れないで下さいね。

 ただの参考値です。

 

 それでも興味がある人は是非プレセール情報を見て行って下さい。

>>>コインチェックIEOに外れた人必見!?私が注目中の『仮想通貨UKHのプレセール』について説明します。

 

 この記事を読んで少しでも

「助かりました!面白かった!」

「頑張って!」

等と応援してくれる貴方は、ツイッターのフォロー、記事のシェア、はてなブックマークなどをしていただけたら大変助かります。

>>>『ブログを応援する方法』ブロガーがこれをして貰えたらメチャクチャ喜ぶこと6選と注意点

 

 

 LINEメルマガ始めました!

友だち登録をする 

「ブログも、毎日読むとなると私には結構大変です!」

「もっと短く学びを得られる方法はないの?」

そんな貴方向けとなっています。

 

 その日私が発信したブログの内容を、

ほぼ毎日、午後8時

1分で学べる量

に要約したモノを発信しています。

 

「一人では中々勉強が続かない!」

「まずは1分からでも、勉強習慣を身につけるところから!」

そんな貴方は是非登録してご活用ください!

 

 なお、中身がその時々で偏りますので

「これについて教えて欲しい!」

というテーマがあればチャットで教えて下さい。

「情報提供ご苦労さん!

と、100円でも支援していただけたら嬉しくて頑張れます!

応援してくれる方はこちらから宜しくお願いします。

ふたひい@…にOFUSEする