ふたひい新聞『10月5日号』朝一で仕入れた情報を皆さんにもお裾分けします。

朝は脳が一番活性化し、情報を入れたり、作業をしたりに適している時間と言われます。

 そのため

◎、読書をする

◎、新聞を読む

◎、情報収集する

等、脳を最大限活かすような習慣を持つと良いと言われます。

 

 でも

「朝は眠いからギリギリまで寝てるだけなんですよねぇ。」

「新聞は難しいし邪魔になるから無理!読書も辛いし、情報収集と言っても、どこから何を得れば良いのかわからない!」

「何か始めないと!と張り切っても最初だけで続かないんですよね。」

等々、多くの社会人が情報収集や学ぶという部分で

「やろうとは思うけど、中々難しい」

と、とても困っています。

 

 そこで今回は、隙間時間を使い毎日情報収集の習慣にしやすい形で、”ふたひい”こと私が

『朝一で仕入れた最新情報(2021年10月5日号)』

を、新聞まとめ記事のような形で皆さんにもお裾分けします。

 

 朝何かをする習慣を身に着けるキッカケにして欲しいので、是非ツイッターのフォローや、記事ごとにはてなブックマークを付けたり、LINEメルマガに登録する等をして、便利に毎日読んでみて下さい。

 

 友だち追加

 

 この記事を毎日読むことで

◎、情報収集をすることが癖になり、学習習慣が身に付きます

◎、情報収集源を持たない人でも、沢山の情報を一度に得ることができます

◎、毎日読むだけで他の社会人より一歩先に行けます

◎、貴方が毎日ここから情報を得るだけで、毎日人を幸せにできます(私がとても嬉しい)

 

 過去の情報、バックナンバーはこちらからどうぞ。

>>>ふたひい新聞カテゴリー

 

 なお私一人で運営しているので、他に記事にすべき強い注目情報がある、用事がありブログを書けない等の時には作成できませんのでご了承下さい。

 それでは、2021年10月5日のふたひい新聞を一緒に見て行きましょう!

 

①取引所Bybit、仮想通貨BITDAOに約56億円出資(定期)

 仮想通貨取引所Bybitは、新しい組織の形DAOを形成することを総合的に支援するプロジェクトBITDAOに年間約1000億円出資することを表明しています。

>>>『未来の新しい組織の形を実現させるプロジェクトBITDAOとは?』をわかりやすく説明します。

 その定期的な出資がキチンと行われていますという情報です。

 

 初期のころは、BITDAOプロジェクトの基軸となる仮想通貨BIT(ビッダオ)の価格が暴落したことで

「BITDAO終わったな」

との評価を受けていたので、このようにキチンと出資してくれているという情報は何気に大きな安心感につながるんですよね。

>>>Bybit『BITDAOに約56億円出資しましたツイート』へのリンク

 

 

仮想通貨BITDAO、本来の事業(DAO支援)でブロックチェーン教育・開発企業と提携

 BITDAOの本業は仮想通貨事業ではなく、

「新しい組織の形DAO(自律分散型組織)に組織の形を変えていきたい!」

という組織を総合的に支援するプロジェクトです。

>>>『AIが管理する新しい組織の形DAO(自律分散型組織)とは何か?』をわかりやすく説明します。

 

 そのため、

「Bybitから支援を受けました。」

「仮想通貨BIT(ビッダオ)の価格が上昇しました。」

という情報よりも、

「キチンとプロジェクトが進行していますよ!」

という情報の方が重要になります。

 その上で、この度、本業のDAO教育の面で業務提携をしたとの情報が出たわけです。

 

 ブロックチェーンの開発や教育などを行っているEncode Clubという企業と提携し、教育部分を広め始めたようです。

 DAOやブロックチェーンは新しい仕組みで、初めて触れる人には

『理解できない、なんか怪しいモノ』

との認識になりがちなので教育から入るのは重要ですよね。

>>>Encode Club『BITDAOと提携ツイート』へのリンク

 

 

③XRPレジャー「XUMというトークンがあるようだが、公式ではない!」と注意喚起

 XRP関連の様々なプロジェクトを一つの台帳で取りまとめるXRPレジャー。

 それを管理するウォレットアプリが

『XUMM』

です。

 ここには沢山のトークンがあるのですが、この中に

『XUM』

というトークンが発見されたそうです。

 

 一見

「XUMMの公式トークンかな?」

と勘違いしそうですが、これは公式ではないそうです。

 XUMMはトークン発行はしておらず、

「紛らわしいから、ユーザーが勘違いしないようにキチンと対応しろよ!」

と話し合いをしたとのことです。

 XRPレジャーは初心者には難しいので、参加者は少ないかもしれませんが、もし参加者がいたら勘違いしないようにご注意下さい。

(公式と勘違いしやすいという面で問題視されているだけで、プロジェクトが詐欺という意味での警告ではないと思われます。でも意図していたら悪質ですけどね。)

>>>XUMM『XUMにご注意下さいツイート』へのリンク

 

 

④コインチェック、仮想通貨LISKの送金・受取だけ再開

 仮想通貨LISKは8月に大規模アップデートを行い、LISKを取り扱っている取引所はこのアップデートに合わせるために1ヶ月以上仮想通貨LISKの売買、送金・受取など、全てのサービスを停止しています。

 そんな中、コインチェックがいち早く送金・受取を再開しました。

>>>コインチェックブログ『【Lisk】「送金」「受取」の再開について』へのリンク

 

 とはいえ、他の取引所はまだ送金・受取を停止しているので、取引所間を動かすことはまだできません。

 今の状態で出来ることは

『LISK公式ウォレットとの送金・受取』

です。

「公式ウォレットに送金して何かメリットあるの?」

に対しては、大有りです!

 

 公式ウォレット上では仮想通貨LISKをVOTE(ステーキングみたいなもの)をして、配当金が受け取れます。

 しかもまだ様子見をしている人が多いので、受け取れる配当金は多めです。

 誰に、どのくらいVOTEをするか?によって利率は違いますが、月0.6%前後は受け取れます。

 更に、今なら特定の条件を満たすと仮想通貨CLSK(キャピタリスクトークン)のエアドロップにも参加できます。

 仮想通貨CLSKはLISK基盤のDEX・DiFiで使われる銘柄になりますが、このエアドロップでの配布分しか発行されません。

 以降は増えませんので、今のうちに手に入れたい人は参加してみてはいかがでしょうか?

 その方法はこちらに記載しています。

>>>『仮想通貨エアドロップ情報2021(ふたひい参加予定版)』の一覧を紹介します。

 

 

⑤フレアファイナンス、仮想通貨ExFiエアドロップに対応のウォレット、取引所を公開

 仮想通貨FLR(スパークトークン)、SGB(ソングバードトークン)等を手掛けるフレア事業。

 このフレアネットを使った金融サービス大手がフレアファイナンスです。

 そして、このフレアファイナンスは仮想通貨SGB(ソングバードトークン)保有者が参加できるエアドロップを発表しています。

>>>『仮想通貨SGBトークン保有者が参加できる新たなエアドロップ』についてわかりやすく説明します。

 

 この度フレアファイナンスは、このエアドロップに対応しているウォレットや取引所の一覧を公表しました。

(2021年10月5日現在:今後も増える可能性はある)

 それは

 

だそうです。

 

 私は仮想通貨SGB(ソングバードトークン)を持っていませんが、オススメは8番目の

『BifrostWallet』

です。

 このウォレットは、SGB(ソングバードトークン)の収益化もできる、ほぼ公式に近いウォレットですので。

 収益化をしていてもこのエアドロップの対象になりますしね。

 この辺りの詳細はこちらをどうぞ。

>>>仮想通貨SGBで配当金を貰う仕組み『デリゲートへの委任投票』についてわかりやすく説明します。

 

 

⑥ツイッター、何かありそうな感じ

 ツイッター社の公式が何かありそうなツイートをしています。

 これも先日のふたひい新聞で言った

『介護職員最大の特殊能力:根拠を言葉にはできないけど、何か気になる違和感』

の一つです。

 そのツイートは

「hello literally everyone(こんにちは。文字通りにみんな)」

 フォロワーが6000万人を突破した記念かもしれませんが、そのようには言ってないんですよね。

>>>『ツイッター社のツイート』へのリンク

 

 そして、これに対して私が

「いつもと違うよなぁ!」

と感じた最大のポイントが、このツイートに返信している人達。

 

 もちろん個人も反応していますが、いつもは反応しない大企業が多くコメントを残しているんですね。

◎、マクドナルド

◎、マイクロソフト

◎、インスタ

◎、ドミノピザ

◎、アレクサ

◎、リーバイス

◎、スニッカーズ

等々。

 記念ツイートかもしれないし、そうじゃないかもしれない。

 どちらだとしても、私は気になったのでご紹介でした。

 

 

⑦リップル裁判でリップル社に有利な動きが見られた

 仮想通貨XRPのリップル社は、現在米SEC(証券取引委員会)から訴えられており、裁判の最中です。

 その影響でアメリカではほとんど取り扱われておらず、伸び悩んでいるところもあります。

 逆を返すと、この裁判でリップル社が勝てば一気にアメリカ全土で仮想通貨XRPの取り扱いが再開され、急上昇するとの期待もされています。

 だからこの裁判(通称リップル訴訟)の動きは重要な出来事なんですね。

>>>初心者でも必ず知っておくべき仮想通貨ニュース!『米SECリップル証券訴訟』を分かりやすく説明します!

 

 そこでこの度、裁判所はリップル社に有利な判断をしたようです。

 難しい内容ですし、アメリカの裁判の仕組みでイメージもしにくいので、詳しい説明は省略しますが

『今まで許可していなかった、XRP保有者が裁判で発言することを許可』

です。

 XRP保有者の多くは

「米SECはリップル社を訴えてんじゃないよ!早く訴訟を終わらせろよ!」

と思っていますので、これはリップル社に有利な動きなんですね。

>>>コインポスト『XRP保有者が「裁判所の友」に』へのリンク

 

 

⑧仮想通貨IOSTが日本ブロックチェーン協会に加盟

 最近活動が活発な仮想通貨IOST。

 この度、日本ブロックチェーン協会の会員に加盟したそうです。

 これにより、更に日本を中心とした活動が活発化してくかもしれませんね。

 実際に年末にかけても日本でIOSTを基盤とした動きが予定されていますし、IOST推しは日本人に多いですからね。

>>>『仮想通貨IOSTの注目な出来事3選!【2021年後半】』をわかりやすく説明します。

 

 数年前に

「今後は日本コミュニティを重点的に強化していく!」

と宣言だけして以降特になにもせず、今でも自分達の開発と専門知識を持っているエンジニアしか受け入れない体制のままの某仮想通貨銘柄もありますが、IOSTは違うと信じたいところですね。

>>>IOST公式ブログ『IOSTが日本ブロックチェーン協会に参加し、ブロックチェーンテクノロジーの採用を促進』へのリンク

 

 

⑨植物性プラスチック製造のMade of Air社6億4000万円資金調達

 これは仮想通貨関連ではありませんが、仮想通貨も含めて今世界は脱二酸化炭素を重点に置いています

 ビットコインはこの脱二酸化炭素に対応できていないから伸び悩んでいるところもあるくらいですので、無視はできません。

 

 では、なぜ急に世界中が脱二酸化炭素を叫びだしたのか?

 それは、世界一丸となって達成すべき目標、SDGsがあるからです。

>>>「SDGsとは何か?」子供でもわかるくらい、簡単にわかりやすく説明します!

 そして、SDGsを無視している企業には投資をしないESG投資をアメリカが推しているからです。

>>>『ESG投資とは何か?普及はするのか?』わかりやすく説明します。

 

 つまり、SDGsを無視している企業は経営が厳しくなるんですね。

 だから当然、今この社会の流れの中でSDGs17個の目標を把握していない企業は100歩くらい置いていかれています。

 取り組めているかどうかはともかく、知らないのは時代遅れなんてレベルじゃないですね。

 そんな中、クリーンエネルギーという目標で脱二酸化炭素なわけです。

>>>SDGs:目標7『エネルギーをみんなに、そしてクリーンに、とは?』わかりやすく説明します。

 原料がバイオなら、海の環境を守るという事にも貢献できるかもしれませんね。

>>>SDGs:目標14『海の豊かさを守ろうとは?』わかりやすく説明します。

 

 そんなSDGsに取り組んでいる企業の一つに

Made of Air

という企業があります。

 ここが二酸化炭素を排出しない新しいプラスチックの開発に成功したそうです。

 原料はバイオ。

 つまり、植物や廃棄食品ですね。

 これを作るために植物を破壊するのではなく、廃棄されている植物や食品を活用するので、循環型で環境にも優しいということです。

 

 耐久性も高いようで既に

◎、自動車メーカーのアウディ

◎、利用品メーカーのH&M

との提携を結んでいるそうで、そんなMade of Airが約6億4000万円の資金調達をしたとのことです。

 日本ではイメージできませんが、アメリカでは

『資金調達量=注目度・期待値』

となり得るので、それだけ注目の企業・出来事ということですね。

>>>テッククランチ『MadeofAir580万ドル資金調達』へのリンク

 

 

⑩米コインベースがハッキング被害

 アメリカの大手仮想通貨取引所コインベースが大規模なハッキング被害にあっていたそうです。

 約6000名が仮想通貨を盗まれたそうです。

 これはアメリカの話で、コインベースジャパンは特に被害に遭っていないようです。

 

 すでに、被害者への補填は終わっているようですが、ハッキングは記憶の中にマイナスイメージを強く刻むので悪材料ですよね。

 しかし、知らないわけにはいかないので情報をお裾分けです。

>>>コインポスト『米コインベースの認証システム欠陥、6,000人超に影響』

 

 

⑪実体あるコレクションの所有権を証明できるNFT技術の活用サービス

 今ブームとなっているNFTですが、これの新たな活用方法が開始されました。

 それが

『NFTを活用して、実物の所有権を証明するサービス』

です。

 

 NFTとは、デジタルデータに血統書を付けるような技術です。

>>>「NFTとは何か?参加方法は?」超初心者にもわかりやすく簡単に説明します。

 つまり、NFT化されたデータには

◎、所有者

◎、作成者

◎、今までの所有者

などの情報が全て、誰にも改ざん出来ないブロックチェーン上に記録されています。

(先程の情報も含め、度々起きている仮想通貨のハッキングは、取引所の回線がハッキングされているだけでブロックチェーン自体がハッキングされているわけではありません。)

 

 現時点のブームでは、これを利用したイラストやゲームキャラ・アイテム、動画や音楽等が投資目的で盛り上がっています。

 NFTには所有権が書き込まれているので、持っている人は誰でもデータを売買可能です。

 そのため

「もっと価格が上昇するかもしれない!」

という目的で価格が高騰し、ブームになっているんですね。

 

 そんなNFTに、実用的な利用価値が見い出されたのが今回のサービスになります。

 それこそ

『実物の所有権を証明する』

という使い方です。

 

 具体的な例を出しましょう。

 例えば、貴方はプレミア付きのスニーカーを持っているとします。

 するとそのスニーカーが盗まれてしまいます。

 その後、探していると貴方が盗まれたスニーカーと同じスニーカーが公園のベンチに放置されているのを発見します。

 さて、この場合にこのスニーカーは本当に貴方の物なのでしょうか?

 元警察官の私の意見としては、

「そう判断することは難しい」

です。

 

 だって、それを貴方のスニーカーだと証明する証拠がどこにもないので。

 プレミアがつくほどの希少品だとしても、世界に1つしかない物ではないので、貴方の物だとの100%の保証はありません。

 警察的には限りなく100%に近い確証がない限りは、そのスニーカーが貴方の物として返すことはできないんですね。

 だって、万が一そのスニーカーが別の人の物だった場合、警察官が占有離脱物横領罪、または窃盗罪の手助けをしたことになってしまいますので。

 

 こんなケースで、このスニーカーとNFTを連係させていると

「このスニーカーは私の物です!」

と言い切ることができるようになるんですね。

 要は、貴方の所有物との証明が可能になるんです。

 だってNFTに書き込まれている情報(所有権等)は誰にも改ざんできないんですから。

 

 他にも、介護施設や保育園・小学校等でも需要がありそうですね。

  たまに発生する

「あれ!?○○さんの物がなくなっちゃったよ!」

「みんなのシューズ入れがゴチャゴチャになってわからなくなっちゃったよ!」

問題。

 前もってご利用者や子供達の物にこのタグをつけておけば、スマホ一つで証明したり、探したりができますからね。

 

 そんなサービスの利用方法は、

①、専用チップ入りのタグを用意する

②、専用アプリで所有物の画像を撮影し、必要情報を入力しタグに保存する(これでNFT化される)

③、専用チップを所有物に着けておく

これで完了だそうです。

 あとは、盗まれたときにタグのNFT情報をスマホで読み取れば証明になるようですね。

 

 これって、アップルのAirTagと同じ機能も装備すれば、盗まれた物がどこにあるのかもわかるので便利ですね。

 中古屋・古物商も、窃盗品かどうかがスマホ一つで簡単に確認できますし、これが普及すると窃盗事件が減少するかもしれませんね。

 私は今日の情報の中では、これが一番ワクワクしています!

 値段等の詳細はまだわかりませんが、2021年11月1日からサービス開始だそうです。(あれ?でも公式サイトには12月って書いてますね?)

>>>NFTとコレクションアイテムを紐付ける「WrapTag」を発売

>>>『株式会社WrapTag公式サイト』へのリンク

 

 どんどん仮想通貨やブロックチェーン、NFTが身近なところに浸透してきますね。

 そろそろ

「私には関係ないことだし!」

と言い切るのも難しくなってくるかもしれませんよ!

 

 

最後に

 今日私はザックリと、朝一でこれら10個の情報を入手しました。

 それ単体では中々ブログ記事として作るのは難しい情報達ですが、知りたいと思ってくれる方々は多いそうなので、皆さんにお裾分けです。

 

 貴方が毎日ここから情報を得たり、拡散してくれたり、はてブを付けてくれたりをするだけで、私は本当にうれしくて、やる気が湧いてきます!

 ここまで読んでくれた方、いつも読みに来てくれている方、皆さん本当にありがとうございます。

 これからもよろしくお願いします。

 

 この記事を読んで少しでも

「助かりました!面白かった!」

「頑張って!」

等と応援してくれる貴方は、ツイッターのフォロー、記事のシェア、はてなブックマークなどをしていただけたら大変助かります。

>>>『ブログを応援する方法』ブロガーがこれをして貰えたらメチャクチャ喜ぶこと6選と注意点

「情報提供ご苦労さん!

と、100円でも支援していただけたら嬉しくて頑張れます!

応援してくれる方はこちらから宜しくお願いします。

ふたひい@…にOFUSEする