ふたひい新聞『10月15日号』朝一で仕入れた情報を皆さんにもお裾分けします。

 朝は脳が一番活性化し、情報を入れたり、作業をしたりに適している時間と言われます。

 そのため

◎、読書をする

◎、新聞を読む

◎、情報収集する

等、脳を最大限活かすような習慣を持つと良いと言われます。

 

 でも

「朝は眠いからギリギリまで寝てるだけなんですよねぇ。」

「新聞は難しいし邪魔になるから無理!読書も辛いし、情報収集と言っても、どこから何を得れば良いのかわからない!」

「何か始めないと!と張り切っても最初だけで続かないんですよね。」

等々、多くの社会人が情報収集や学ぶという部分で

「やろうとは思うけど、中々難しい」

と、とても困っています。

 

 そこで今回は、隙間時間を使い毎日情報収集の習慣にしやすい形で、”ふたひい”こと私が

『朝一で仕入れた最新情報(2021年10月15日号)』

を、新聞まとめ記事のような形で皆さんにもお裾分けします。

 

 朝何かをする習慣を身に着けるキッカケにして欲しいので、是非ツイッターのフォローや、記事ごとにはてなブックマークを付けたり、LINEメルマガに登録する等をして、便利に毎日読んでみて下さい。

 

 友だち追加

 

 この記事を毎日読むことで

◎、情報収集をすることが癖になり、学習習慣が身に付きます

◎、情報収集源を持たない人でも、沢山の情報を一度に得ることができます

◎、毎日読むだけで他の社会人より一歩先に行けます

◎、貴方が毎日ここから情報を得るだけで、毎日人を幸せにできます(私がとても嬉しい)

 

 過去の情報、バックナンバーはこちらからどうぞ。

>>>ふたひい新聞カテゴリー

 

 なお私一人で運営しているので、他に記事にすべき強い注目情報がある、用事がありブログを書けない等の時には作成できませんのでご了承下さい。

 それでは、2021年10月15日のふたひい新聞を一緒に見て行きましょう!

 

①XRPレジャー、最新のエアドロップ情報まとめ

 XRP関連のプロジェクトを集めたXRPレジャー銘柄。

 プロジェクトによってはエアドロップを開催していますが、その最新情報を集めて一覧にまとめてくれた人がいます。

>>>XRP_Cro『XRPLエアドロップ銘柄ツイート』へのリンク

 

「XRPレジャーのエアドロップ?初めて聞いたけど、私も参加してみたい!」

という人は、私もエアドロップについてまとめているのでこちらの記事を参考にして下さい。

>>>『海外・Defi仮想通貨のエアドロップ情報2021(ふたひい参加予定版)』の一覧を紹介します。

 

②取引所Bitrue、XRPレジャー銘柄2個目のステーキング上場

 またXRPレジャーについてです。

 ふたひい新聞のバックナンバーを見てもらっても分かる通り、XRPレジャーは活発ですね。

 先日取引所Bitrueで、ステーキング上場後、取引上場もしたXRPレジャー銘柄の仮想通貨Equilibrium

>>>10月10日ふたひい新聞『仮想通貨取引所BitrueでCOGE、Equilibriumのステーキング開始

 

 これに次いで、2個目のXRPレジャー銘柄、仮想通貨MGSがステーキング上場します。

 ステーキングで獲得できるようになるという事は、その後同じように取引上場すると考える方が自然ですよね。

 そうなると価格は上昇しやすくなりますよね。

 注目しておいても良いかもしれませんね。

>>>Bitrue『仮想通貨MGSステーキング開始ツイート』へのリンク

 

③仮想通貨DOT(ポルカドット)、取引所Bybitに上場

 仮想通貨DOT(ポルカドット)が仮想通貨取引所Bybitに上場するようです。

 日本でも密かに人気のある銘柄ですので、興味がある人は少しは保有していても良いかもしれませんね。

>>>Bibit『仮想通貨DOT上場ツイート』へのリンク

 

④仮想通貨COTI、今後取引所Bybitに上場する?

 更に仮想通貨取引所Bybitの情報です。

 ここは他と違って、毎日幾つも情報が出されており、むしろ私の方で省いているくらいなんですよね。

 そんな中、気になったのがBybitによるアンケートです。

 それが

「次のコインのうち、どれが2022年に貴方を億万長者にしますか?」

1)CELR

2)COTI

3)GALA

4)ALICE

 これって、ユーザーにアンケートを取って、今後Bybitが推していくプロジェクトを選んでいると捉えられませんか?

 推していくは邪推しすぎでも、上場検討はありそうじゃないですか?

 という事でその結果、圧倒的に仮想通貨COTIが票を集めました。

>>>Bybit『アンケートツイート』へのリンク

 

 私も知らなかったので少し調べましたが、仮想通貨COTIはお金のデジタル化面で企業をサポートしていくプロジェクトのようですね。

>>>『COTI公式サイト』へのリンク

 価格は1COTI約59円、バイナンスで多く取引されている銘柄だそうです。

>>>コインゲッコー『仮想通貨COTI』へのリンク

 

⑤仮想通貨DOT(ポルカドット)今年中に本格稼働予定

 先程も少し出た仮想通貨DOT(ポルカドット)が、今年中に本格稼働の予定とのことです。

>>>コインポスト『Polkadot、本格運用開始へ パラチェーンオークションの日程を提案』へのリンク

 仮想通貨DOT(ポルカドット)は、複数のブロックチェーン同士を連係させて

「どのチェーンが良い、悪いじゃなくて、適材適所で使っていけば良いじゃん!そのために、全部を使いやすくつなげちゃうよ!」

ということを実現するモノです。

 

 その上で、今回の記事の出来事は

「じゃあどのチェーンからつなげて行こうか?」

をオークション形式で決めていくということですね。

◎、資金力があり、今主流のイーサリアムチェーン

◎、同上でバイナンスチェーン、バイナンススマートチェーン

◎、提携したので、オークションを全力で取りに来るであろうIOST

辺りは手堅いのかなぁ?と思ったり、思わなかったり。

 ともかく、この動きは注目しておいた方が良いと思います。

 

⑥デジタル通貨に関する動き活発化

 デジタル通貨に関する動きが幾つかありました。

※ デジタル通貨とは、円やドル等の法定通貨をデジタル化したモノ

 まずG7で、デジタル通貨導入に関する取り決めが改めて確認されました。

 内容としては

「デジタル通貨を正式導入したときの影響がまだ未知数過ぎる!だからキチンと研究・検証をした上で足並みをそろえて導入していこうね!」

という感じですね。

 

 なんか、噛み砕くと

「”抜け駆けはダメだからね!一緒にゴールしようね!”の小学生かっ!

とツッコミを入れたくなりますね。

 しかし、ザックリ言うとそういうことです。

>>>コインポスト『G7、CBDC(中銀デジタル通貨)の共通原則を発表』へのリンク

 

 これと同時期にイギリスでは、デジタル通貨の研究に関してリップル社と提携したようです。

 リップルは国際送金に特化したプロジェクトで、開発途上国との連係は沢山していますが、遂に先進国とも提携したのは大きな動きですね。

 なお、リップル社はブロックチェーン上で仮想通貨XRPを利用しますが、利用しないシステムも構築されていたと記憶しています。

 仮想通貨XRPを利用した方が利便性は高まりますが、リップル社が関わるからと言って必ずしも仮想通貨XRPが利用されるとは限りませんので一応。

>>>リップル社『リップルがデジタルポンド財団に参加:デジタル通貨への道を設計』へのリンク

 

⑦経済産業省『新しい経済』で「日本は、変化の促進、デジタル化を強化」

 岸田総理は

『新しい形の経済』

を強調しています。

 これに対して経済産業省へのインタビュー記事が出ています。

>>>Meti Journal『新しい産業政策への転換:飯田祐二官房長インタビュー』へのリンク

 

 色々と書かれていますが、この中で私が気になりピックアップするのは

『日本は変化の促進、デジタル化を強化していく』

という趣旨のことを言っている部分です。

 もう少し具体的には

◎、時代の変化に対応したスキルチェンジする人や企業を支援していく

◎、誰もが成長を意識できる社会をつくる

◎、日本はデジタル化が遅れている国なので、デジタル庁と協力してデジタル化を進めていく

という感じだそうです。

 

 これは直接的には言っていませんが、

「変化を受け入れましょう!国民は努力しないといけないよ!」

と言っているような感じですよね。

 待っているだけでは変化に乗れませんし、成長できませんからね。

 私は介護職歴が長いので、介護の世界を例に出しますが、介護でも大きな変化は起き始めています。

 その一番は何といっても

『人が極力介助をしない施設を評価する方向性』

ですね。

 

 このことを知らないまま、昔ながらの

「レベルの高い介助スキルを持った介護職員が優秀」

なんて言い続けていると、時代に遅れてヤバいことになるということです。

 つまり、

「今までの価値観で構築してきたモノを捨てて、新しいモノを構築していく勇気を持て!」

ということですね。

 介護の世界ではこの新しい価値観は、既に介護報酬の増減(施設経営に大きく影響が出る部分)にまで来ています。

 

 今回は介護業界を例に出しましたが、介護業界と同じように変化を嫌う組織や職員さんはとても多ですよね。

 しかし日本政府が

「変化しましょうね!」

と言い始めたことを無視していると数年後には痛い目を見るかもしれませんね。

 今の時代でこのように変化と成長を促す動きが大きくなるのは良い傾向です。

 本来、変化しない、成長しない、努力しない組織や人が淘汰されていくのは経営・経済においては健全な形なわけですしね。

 

 

最後に

 今日私はザックリと、朝一でこれら7個の情報を入手しました。

 それ単体では中々ブログ記事として作るのは難しい情報達ですが、知りたいと思ってくれる方々は多いそうなので、皆さんにお裾分けです。

 

 貴方が毎日ここから情報を得たり、拡散してくれたり、はてブを付けてくれたりをするだけで、私は本当にうれしくて、やる気が湧いてきます!

 ここまで読んでくれた方、いつも読みに来てくれている方、皆さん本当にありがとうございます。

 これからもよろしくお願いします。

 

 この記事を読んで少しでも

「助かりました!面白かった!」

「頑張って!」

等と応援してくれる貴方は、ツイッターのフォロー、記事のシェア、はてなブックマークなどをしていただけたら大変助かります。

>>>『ブログを応援する方法』ブロガーがこれをして貰えたらメチャクチャ喜ぶこと6選と注意点

「情報提供ご苦労さん!

と、100円でも支援していただけたら嬉しくて頑張れます!

応援してくれる方はこちらから宜しくお願いします。

ふたひい@…にOFUSEする