ふたひい新聞『10月16日号』朝一で仕入れた情報を皆さんにもお裾分けします。

 朝は脳が一番活性化し、情報を入れたり、作業をしたりに適している時間と言われます。

 そのため

◎、読書をする

◎、新聞を読む

◎、情報収集する

等、脳を最大限活かすような習慣を持つと良いと言われます。

 

 でも

「朝は眠いからギリギリまで寝てるだけなんですよねぇ。」

「新聞は難しいし邪魔になるから無理!読書も辛いし、情報収集と言っても、どこから何を得れば良いのかわからない!」

「何か始めないと!と張り切っても最初だけで続かないんですよね。」

等々、多くの社会人が情報収集や学ぶという部分で

「やろうとは思うけど、中々難しい」

と、とても困っています。

 

 そこで今回は、隙間時間を使い毎日情報収集の習慣にしやすい形で、”ふたひい”こと私が

『朝一で仕入れた最新情報(2021年10月16日号)』

を、新聞まとめ記事のような形で皆さんにもお裾分けします。

 

 朝何かをする習慣を身に着けるキッカケにして欲しいので、是非ツイッターのフォローや、記事ごとにはてなブックマークを付けたり、LINEメルマガに登録する等をして、便利に毎日読んでみて下さい。

 

 友だち追加

 

 この記事を毎日読むことで

◎、情報収集をすることが癖になり、学習習慣が身に付きます

◎、情報収集源を持たない人でも、沢山の情報を一度に得ることができます

◎、毎日読むだけで他の社会人より一歩先に行けます

◎、貴方が毎日ここから情報を得るだけで、毎日人を幸せにできます(私がとても嬉しい)

 

 過去の情報、バックナンバーはこちらからどうぞ。

>>>ふたひい新聞カテゴリー

 

 なお私一人で運営しているので、他に記事にすべき強い注目情報がある、用事がありブログを書けない等の時には作成できませんのでご了承下さい。

 それでは、2021年10月16日のふたひい新聞を一緒に見て行きましょう!

 

①米SECがアメリカ発のビットコインETF承認で700万円突破

 遂にアメリカ初となる仮想通貨のETFが承認されました。

 これを受けてビットコインの価格が急上昇し、700万円を突破!!!

 これで、まだ承認待ちの仮想通貨ETFの可能性も出てきて、楽しみになってきましたね!

 

 なおこの出来事に関して

「なんか凄いけど、これが何なのか置いてけぼりを食らってます!初心者の私にもわかるように教えて!」

という人はこちらをお読みください。

>>>『アメリカ初となるビットコインETFが承認された出来事とは?』この出来事をわかりやすく説明します。

 

②TENSETエアドロップに仮想通貨NBNG追加

 一回のステーキングだけで同時に沢山のエアドロップを受けられるTENSETインフィニティ。

>>>海外・Defi仮想通貨のエアドロップ情報『①TENSETインフィニティ

 このエアドロップに1つ追加されて、8個になりました。

(最終的には100個を目指しているそうです)

 

 追加されたのは仮想通貨NBNG(信長)

 これは日本発のDefi・Dexで使用される銘柄です。

 まずはNFTとステーキングから開始されるようですね。

 ともかく、日本発で世界に発信する仮想通貨・ブロックチェーンプロジェクトとして注目してみても良いかもしれませんね。

>>>TENSETインフィニティ『仮想通貨NBNG追加ツイート』へのリンク

 ちなみに、日本発のプロジェクトとして私が注目しているモノに姫神プロトコルもあるので、興味がある人はどうぞ。

>>>姫神プロトコルカテゴリーへのリンク

 

③IOSTと提携のブロックチェーンゲームZODIUM、仮想通貨ZODIのホワイトペーパー公開

 IOSTと戦略的提携を結んでいるブロックチェーンゲームZODIUM。

 まだサービス公開前ですが、ここで利用される仮想通貨の詳細(ホワイトペーパー)が公開されました。

 その名も仮想通貨ZODI(他にも2種類あるけど、売買は不可なので今回は省略)

>>>ZODIUMホワイトペーパー『トークンエコシステム』へのリンク

 

 次々とサービス開始に向けて準備が整っていきますね。

 私はこのゲームがサービス開始されれば利用しようと考えていますので、待ち遠しいです。

 

④スクウェア・エニックスのNFT、LINE-NFTで取り扱い発表

 先日NFTの無料配布も行ったスクウェア・エニックスのNFT

『資産性ミリオンアーサーNFT』

これがLINE-NFTで取り扱われることが発表されました。

>>>LINE『スクウェア・エニックス初のNFTデジタルシール 「資産性ミリオンアーサー」の基盤技術に LINEの独自ブロックチェーン「LINE Blockchain」が採用』へのリンク

 

 LINEは今年中にヤフオクでNFTを扱う事を目指しています。

 そこに向けて、仮想通貨投資家向きではなく、世間一般的に興味を持ってもらえそうなNFTを扱い始めましたね。

 最近ではももいろクローバーZのNFTも扱い始めましたしね。

>>>ふたひい新聞『⑤LINE-NFTで、ももいろクローバーZ参戦

 今後はどうなっていくのか、要注目です。

 

⑤仮想通貨投資家の間でタングステンが大ブーム

 今海外の仮想通貨投資家の間でタングステン(金属)が大ブームになっているそうです。

>>>コインポスト『「タングステン不足は仮想通貨トレーダーのせい?」メーカーがビットコイン決済導入を検討へ』のリンク

 このニュースを簡単に説明すると、その理由は不明だそうです。

 しかし売り切れ続出なほどの人気なんだそうです。

 タングステンが仮想通貨投資家からあまりにも人気が高いので、メーカーさんがビットコインでも買えるようにしたとのニュースですね。

 

 これは私の勝手な推測ですが、タングステンは金の代替金属という側面もあるそうです。

 そして、金の代替資産と言えばビットコインが有名です。

 この

『金の代替物』

という共通点からタングステンも人気が出ているのかな?と思います。

 いや、わかりませんけどね。

 もちろん、私は買いません。

 タングステンが自宅に置いてあっても困りますし。

 

⓺アメリカでギグワーカーによるストライキ発生

 アメリカでギグワーカーによるストライキ(仕事放棄)が発生しているそうです。

>>>テッククランチ『インスタカートショッパー達がストライキを行っている』へのリンク

 ギグワーカーとは、単発の仕事を請負いながら収益を得ている個人事業主です。

 日本でも有名な

◎、ウーバーイーツ配達員

◎、クラウドワークス等のフリーランサー

等がこのギグワーカーになります。

 

 アメリカではこのギグワーカーの貧困問題が深刻になっており、そんな中で、今回はインスタカートから仕事を受注しているギグワーカーが

「もっと報酬をキチンと払え!」

と運営に対して、要求を飲むまで仕事をしないストライキを起こしているという事のようです。

 インスタカートとは、ウーバーイーツの食料品版サービスです。

 つまり、店員さん以外の手の空いている誰かが、スーパーマーケットやコンビニの商品をすぐに届けてくれるサービスですね。

 

 まだ日本ではギグワーカーの貧困問題は社会問題として取り上げられていませんが、今後は同じ流れが出てくると思われますので、今のうちからこの動きには要注目です。

 今ギグワーカーの人は、今後ではなく今から注目です!

 

最後に

今日私はザックリと、朝一でこれら6個の情報を入手しました。

 それ単体では中々ブログ記事として作るのは難しい情報達ですが、知りたいと思ってくれる方々は多いそうなので、皆さんにお裾分けです。

 

 貴方が毎日ここから情報を得たり、拡散してくれたり、はてブを付けてくれたりをするだけで、私は本当にうれしくて、やる気が湧いてきます!

 ここまで読んでくれた方、いつも読みに来てくれている方、皆さん本当にありがとうございます。

 これからもよろしくお願いします。

 

 私は普段からこのように難しい内容を噛み砕いたり、毎日60ヶ所を超える情報源から得た情報を皆さんにお裾分けする記事を書いています。

 そのため、また来てくださいね。

>>>ふたひい新聞カテゴリー

「毎日この量の文章を読むのは無理!そんな気力ないですよ!」

と言う人は、その日の情報を1分で確認できるLINEメルマガをご利用ください。

 登録だけでは貴方の名前や情報はこちらには一切わかりませんので、ご安心ください。

「情報提供ご苦労さん!

と、100円でも支援していただけたら嬉しくて頑張れます!

応援してくれる方はこちらから宜しくお願いします。

ふたひい@…にOFUSEする