ふたひい新聞

 朝は脳が一番活性化し、情報を入れたり、作業をしたりに適している時間と言われます。

 そのため

◎、読書をする

◎、新聞を読む

◎、情報収集する

等、脳を最大限活かすような習 ...

介護, 新型コロナ, 時事関係・その他

「何で新型コロナだけ、特別視されているの?」

 このような声を多く見聞きします。

 

「だってさぁ、死亡者数とか見るとインフルエンザの方が圧倒的に多いじゃん!」

「ガン患者のように重篤な ...

お金の勉強, 職業

 不景気な世の中だと子供達の将来なりたい職業ランキングで

公務員、警察官、教師、看護師、医師、薬剤師

等の仕事が上位に名を連ねやすくなります。

 その理由は

「安定しているから!」

介護, 死生観

 人は長く生きていると

◎、介護施設での看取り

◎、危篤状態の家族のお見舞い

等、瀕死・臨死という状況に立ち合うことは必ず訪れます。

 

 それが貴方の身近な人なのか、貴方自 ...

死生観

 お盆、墓参り、平和記念日、原爆の日、終戦記念日、命日、49日等々。

 私達が日常を生きている中で、一度立ち止まり人生のこれからや、今までを振り返る機会は何度も訪れます。

 

 そこで今回は警察・介 ...

テクノロジー, 介護

 介護ロボットの進化が止まらない!!!

 人が不要な未来も近い!?

 

 このように聞くと現職の介護職員の多くは

「いやいや、まだまだ使い物にならないロボットばかりだから!」

認知症

 2021年6月に、認知症の原因物質を脳内から除去する薬が初めてアメリカで認可を受けました。

>>>エーザイが開発!『世界初の認知症治療薬とは?』誰にでもわかりやすく、噛み砕いて説明します。

 

  ...

介護

 福祉職の人は理想と現実の違いを感じ

「私が今やっているのは本当にキチンとした福祉なのだろうか?」

と迷う事があります。

 

 更に

「ご利用者の尊厳を守りなさい! ...

医療, 時事関係・その他, 認知症

 日本時間の2021年6月8日朝、

『世界初となる認知症治療薬ADUHELM(アデュカヌマブ)がアメリカで承認された』

という情報が入ってきました。

(日本ではまだです!)

 

ふたひいの予測, 介護

 この記事に辿りついたと言う事は、貴方は少なからず介護の未来について興味があるということですよね。

 それでは、そんな貴方に一つ質問をします。

「今後介護の未来はどうなっていくと思いますか?」