『アマゾンのスマート冷蔵庫について』アマゾンの狙い・戦略も含めて、わかりやすく説明します。

アマゾンが開発するスマート冷蔵庫の機能

 アマゾンは今、スマート冷蔵庫開発に取り組んでいるそうです。

「スマートフォンじゃなくて、冷蔵庫?なにそれ?」

と疑問が浮かんできますよね。

 ということで、冷蔵庫をスマート化するとどうなるのかを簡単にご紹介します。

 

◎、アレクサを埋め込み、冷蔵庫を通してアレクサ機能が使える

◎、冷蔵庫内の足りない物を感知して教えてくれる

(AIが、貴方が普段入れている物、使用量等を学習する)

◎、足りない物を感知したら、冷蔵庫から注文まで行える

◎、賞味・消費期限が近い食品を教えてくれて、それを使ったレシピ提供もしてくれる

◎、冷蔵庫を開けなくても内容物を教えてくれる

等々が期待されるようです。

 一人暮らしの人や、主婦(夫)からしたらメチャクチャ便利ですよね。

>>>テッククランチ『アマゾンは、中身を追跡するスマート冷蔵庫に取り組んでいると伝えられています』へのリンク

 

アマゾンの狙い・戦略とは?

 このように見てくると

「でも、アマゾンがこれを開発するメリットってあるの?確かに高性能冷蔵庫を買う人はいるだろうけど、そこまで大々的にやるメリットあるかなぁ?」

と疑問に思う人も多いかと思います。

 ということで、この辺りについてアマゾンの狙い・経営戦略も紹介しておきます。

 アマゾンの狙いは、新しい高性能な冷蔵庫が売れる利益ではありません。

 

 そこではなく、アマゾンのスマートスピーカー

『アレクサを広めること』

が最大の狙いなんですね。

 これはあまり意識されませんが、実はアマゾンに限らず各社の出しているスマートスピーカーは彼らの会社の利益になる情報を優先的に提案してきます。

 そのため、アマゾンのアレクサは冷蔵庫内の食品を購入する際は、アマゾンを利用して買うように促してくるんですね。

 たとえ楽天の方がお得だったとしても、基本的にはアマゾンから商品を提案するんですね。

 このように自社のスマートスピーカーを広めることで、自社の利益を増やすという戦略です。

 

 これを

「つまり、アマゾンの戦略にはまっているのかぁ」

と捉えると、あまり良い気分ではないかもしれませんが、

「便利になるなら全然問題ないよ!どこから商品を買うのかにこだわらないし!」

という人にとってはウィンウィンの関係で、今の時代らしい良い戦略とも言えますよね。

 

 記事下広告は、この部分への掲載です。

 1記事だけではなく、ほぼ全ての記事下に広告を掲載するので、一番料金が高いコースになっています。

 本ブログへの広告掲載をするサービスを開始しました。

 個人でも、企業でも、ツイッターアカウントでも、誰でも安価で掲載できますので、少しでも気になる貴方はこちらの記事をお読みください。

 >>>本ブログに貴方の広告を安価で掲載します。【掲載料金、条件などの詳細】

 

サポートはこちらでも対応しています。

お好きな方を選択して下さい。

ふたひい@…にOFUSEする