ふたひい新聞『12月9日号』朝一で仕入れた情報を皆さんにもお裾分けします。

「何か始めないと!とは思うけど、中々難しいんですよねぇ。」

と、とても困っている社会人向けに、隙間時間を使い毎日情報収集の習慣にしやすい形で、”ふたひい”こと私が

『朝一で仕入れた最新情報(2021年12月9日号)』

を、新聞まとめ記事のような形で皆さんにもお裾分けします。

 

 朝何かをする習慣を身に着けるキッカケにして欲しいので、是非ツイッターのフォローや、記事ごとにはてなブックマークを付けたり、LINEメルマガに登録する等をして、便利に毎日読んでみて下さい。

 

 友だち追加

 

 この記事を毎日読むことで

◎、情報収集をすることが癖になり、学習習慣が身に付きます

◎、情報収集源を持たない人でも、沢山の情報を一度に得ることができます

◎、毎日読むだけで他の社会人より一歩先に行けます

◎、貴方が毎日ここから情報を得るだけで、毎日人を幸せにできます(私がとても嬉しい)

 

 過去の情報、バックナンバーはこちらからどうぞ。

>>>ふたひい新聞カテゴリー

 

 内容は仮想通貨が中心ですので興味がない人も多いかと思います。

 しかし、どうせ何もしない毎日に戻ってしまうくらいなら、学習習慣を身に着けるという目的で毎日読んでみて下さい。

 そこから、徐々に興味がある情報を収集する形に広げれば良いんです。

 それでは、2021年12月9日のふたひい新聞を一緒に見て行きましょう!

①仮想通貨SHIB(柴犬コイン)、ゲームスタジオPlaySideと提携

 以前仮想通貨SHIBがNFTゲームに参戦する予定との情報を出しましたが、この度、具体的にNFTゲームでの提携先が発表されました。

>>>SHIB『PlaySideと提携ツイート』へのリンク

 最初はジョークで作られたコインであろうと、最終的には活用場面が増えて

「欲しい!使いたい!」

と思う人が増えれば、それはもはやジョークではなくなるんですよね。

 

②取引所Bybit、ミームコイン上場を匂わすアンケートに3銘柄追加

 先日仮想通貨Bybitが、犬系ミームコイン4銘柄を新たに上場させるようなアンケートを開始したと発信しました。

>>>「仮想通貨取引所Bybitに犬系コインが次々と上場するかも!?」その理由をわかりやすく説明します。

 これの続報としまして、追加と思われる3銘柄を載せたアンケートが出されました。

>>>Bybit『つまりその日のミームコインは・・・ツイート』へのリンク

 追加された3銘柄については、先程紹介した記事に追記という形で紹介しますので、気になる人は是非そちらをご覧くださいね。

 これらの銘柄も発表後に価格が急騰しているようですね。

 

③取引所コインベース動画にJPYCの岡部典孝さん登壇予定

 大手仮想通貨取引所コインベースの動画に、

12月9日18時~

円のステーブルコインJPYCの代表である岡部典孝さんが登壇される予定だそうです。

>>>コインベース『ステーブルコインについて熱く語る動画ツイート』へのリンク

 

 この項目を見て

「あれ?ふたひいさんにしては珍しくこのような情報を載せるんですね?」

と思った貴方は、きっといつも読んでくれているんですよね。

 ありがとうございます。

 はい、普段私はステーブルコインも、スピーチ・会議系イベントの情報は載せません。

 

 それなのに、これを載せた意味。

 それは

『以前岡部典孝さんには少しツイッター上で絡んでいただいた経験があるから』

です。

 要は

「ちょっとだけでも絡みのあった人がこのような場に登壇するのは、応援したくなるじゃないですか!」

の精神です。

 確かにこのJPYCは最近だと、日本で初となるデパートでの支払い手段に採用され話題性もあります。

 しかし、私の好奇心、行動する原動力的にはそれはあまり重要ではないんですね。

 そこではなく、

『ちょっとだけでも関わってくれたことのある人が脚光を浴びる』

ここに刺激を受けたんですね

 

 だから私はスポーツ観戦でも、関わりのない人が出ているオリンピックには全く興味がありませんが、知り合いが出ていたり、審判をしている地方の小さい大会の方がワクワクします。

 

④仮想通貨PLTのパレットチェーン、アイフリークのNFTマーケットに採用される

 仮想通貨PLTのパレットチェーン。

 ここがアイフリークのNFTマーケットに採用されるそうです。

>>>PR TIMES『アイフリークモバイル「CREPOS NFTマーケット(仮)」にHashpaletteの提供するブロックチェーン「Palette」、NFT SaaS「HashSuite」が採用』へのリンク

 アイフリークとは、携帯電話がi-modeの時代からデコメ(デコレーションメール)の絵文字等を提供している会社です。

 つまり、スマホの絵文字やアイコン等に使われているイラストがNFT化していくという事ですね。

 ただし、恐らくまだここのNFTが絵文字として使えたり、アイコン設定出来たりという機能はないと思います。

 

 そのようになって行くと、

「NFT?なにそれ?美味しいの?」

という状態の人達にも一気に広がっていくと思うんですけどね。

 この辺りはLINEが進んでいますので、

「LINEスタンプ辺りから日本には広がっていくのでは?」

と私は考えています。

 

 なお、NFTをそのままアイコン等に連結させて表示させる機能は仮想通貨LISKが既に行っています。

 LISKウォレット等の自分のアイコンにNFTが設定できます。

 エグザイルのメンディーさん等、ツイッターのアイコンにNFT画像を設定している人もいますが、あれはコピペした画像を添付しているだけで、NFTと連結させているわけではないので、大きく違うんですね。

 この辺り、今NFTを知らない層への普及も注目ですね。

 なお

「NFTってなんですか?」

な人はこちらの記事をお読みください。

>>>「NFTとは何か?参加方法は?」超初心者にもわかりやすく簡単に説明します。

 

⑤大手ゲーム会社UBIソフトがNFTゲームに参戦

 大手ゲーム会社ubiSoftがNFTゲームに参戦してくるようです。

>>>コインポスト『Ubisoft、NFTプラットフォームをローンチへ』へのリンク

 ubiSoftとは、アサシンクリード等、アクション系ゲームやハチャメチャモーターゲーム系で有名な大手ゲーム会社です。

 

 私はこれ系のゲームはあまり遊びませんが、人気ゲーム実況者2Bro(弟者さん、兄者さん、おついちさん)が頻繁にubiSoftのゲームを遊んでいるので、それを見ています。

>>>Youtube『弟者兄者』へのリンク

 もしも今後ここでNFTゲームが紹介されたら、一気にNFTゲームは注目を集めて行くと思われます。

 何せ

「ゲームをやる人で、彼らの事を知らない人はモグリのゲーマーなのでは?」

というレベルの有名人ですからね。

 

昨日一番注目を集めたトレンド記事の紹介

 昨日私のブログで一番注目を集めたトレンド記事は、前日に引き続き

IOSTチェーンのDefi横綱ファイナンス。先行者ステーキングの手順をわかりやすく説明します

です。

 IOSTチェーンを利用したDefi横綱ファイナンスは

12月10日に本格稼働

します。

 しかし、今IOST保有者に対して先行ステーキングサービスを開放してくれています。

 それに関しての情報を説明した記事になります。

 IOSTチェーンを利用した初のDefiですので、興味がある人は是非一読ください。

 

最後に

 今日私はザックリと、朝一でこれら5個の情報を入手しました。

 それ単体では中々ブログ記事として作るのは難しい情報達ですが、知りたいと思ってくれる方々は多いそうなので、皆さんにお裾分けです。

 

 貴方が毎日ここから情報を得たり、拡散してくれたり、はてブを付けてくれたりをするだけで、私は本当にうれしくて、やる気が湧いてきます!

 ここまで読んでくれた方、いつも読みに来てくれている方、皆さん本当にありがとうございます。

 これからもよろしくお願いします。

「今後もこのような最新情報や、噛み砕いた説明等を見続けていきたい!」

と思っていただけた貴方は、下記より100円~のご支援をお願いします。

 この活動は私個人で行っていますが、このままだと10月からは今のようなレベル・頻度での情報発信は続けられなくなりますので、皆様からのご協力をよろしくお願いします。

サポートはこちらでも対応しています。

お好きな方を選択して下さい。

ふたひい@…にOFUSEする