ふたひい新聞『2月12日号』朝一で仕入れた情報を皆さんにもお裾分けします。

「暗号資産・投資の情報ってどうやって収集すれば良いの?沢山あって私には無理!?

そんな貴方のために、私が厳選した60ヶ所を超える情報源から得た情報を毎日、新聞まとめ記事ような形で配信しています。

 この記事は

『朝一で仕入れた最新情報(2022年2月12日号)』

です。

 過去の情報、バックナンバーはこちらからどうぞ。

>>>ふたひい新聞カテゴリー

 

 この記事を読むことで

◎、60ヶ所以上の情報源から得た情報を簡単に確認できます

◎、暗号資産界隈の最新情報を毎日知ることができます

◎、難しい内容やその出来事による影響等も理解できます

 この業界はとてもスピード感が早く、情報が数日遅いとチャンスを逃すことも多いので、是非ツイッターのフォローや、記事ごとにはてなブックマークを付けたり、LINEメルマガに登録する等をして、便利に毎日読んでみて下さいね。

 

 友だち追加

 

 それでは、2022年2月12日のふたひい新聞を一緒に見て行きましょう!

①メタバースDDROPとNFTゲームジェノペットが提携

 M2E系メタバースDDROPと、M2ENFTゲームのジェノペットが提携したそうです。

>>>DDROP『新しいパートナーシップツイート』へのリンク

 M2Eとは、移動して稼ぐという仕組みの事です。

 MはMove(動く)の頭文字ですね。

 最近だと水嶋ヒロさんも興味持っているNFTゲームSTEPNが話題ですが、私はM2Eに関してはBybitでIEOも行われたジェノペットの方が気になるんですよね。

 DDROPは実際に街を歩いていると、誰かがその地点に発行しておいたNFTを獲得できるような仕組みになる予定のメタバース空間です。

 要はポケモンGOで、ポケモンの代わりにNFTが貰えるという感じで、地域活性に期待されているメタバースプロジェクトの一つです。

②メタバースNFTゲームTheMars、KポップNFT化プロジェクトと提携

 メタバースNFTゲームThe Marsが、KポップNFT化プロジェクトと提携したようです。

>>>The Mars『MarsはKPOPCtzenのプロジェクトの一部を担当する予定ツイート』へのリンク

 提携先の方も既に、The Mars内で使えるNFTの発行に関するホワイトリストを公開していますね。

 でもエアドロップではなさそうですし、販売価格等がまだ表示されていませんし、私はこれには参加しませんけどね。

 でもキチンと発展していく情報が出てくるのは良いですよね。

 なおまだThe Marsを知らない人はこちらの記事をどうぞ。

>>>NFTゲーム紹介:『The Marsとは?始める方法は?』をわかりやすく説明します。

③取引所Bybit、次のIEOの情報公開&暗号資産BIT(ビッダオ)のステーキングサービス開始

 大手暗号資産取引所Bybitが次のIEOに関する情報を出しました。

>>>Bybit『暗号資産TAPがローンチパッドに上場決定』

 暗号資産TAPはメタバース系NFTゲームのようですね。

 サイトを見る限りだと、簡易的なMMORPGという感じですね。

 元素騎士の方が自由度は高そうですが、逆にこっちの方が簡単な感じですので、これはこれで良い気がしますね!

 とはいえ私は、IEOは生活費稼ぎで参加するので、手に入れても売ってしまいますけどね。

 

 あとBybitはもう一つ。

 暗号資産BIT(ビッダオ)の積立ステーキングを約3年間利用できる形で開始しました。

 積立ステーキングとは、いつでも自由に出し入れできるステーキングサービスです。

 IEOの頻度が下がって

「IEOが行われていない間、暗号資産BITを遊ばせておくのはもったいないなぁ!」

という状態だったので、これはありがたいですね。

>>>Bybit『BITの積立ステーキング開始ツイート』へのリンク

④Youtubeがメタバース・NFT参入に関する情報を少し出す

 Youtubeがメタバース・NFT参入に関する情報を少し出したようです。

>>>コインポスト『YouTubeロードマップ2022「Web3.0やNFTはクリエイターに新たな機会をもたらす」』へのリンク

 Youtubeは2022年の事業計画として、web3.0。

 特に、メタバース・NFTには興味があると発言してきました。

 その続報として、もう少し具体的な取り組みが少し出されたようですね。

 

 内容としては

◎、配信者のオリジナル動画

◎、制作物(アート、イラスト、音声等)

◎、体験そのもの

をNFT化したり、メタバース空間に反映させていくということだそうです。

 それらによって、今までは

『配信者と一般視聴者』

という関係だった部分を

『配信者とファン』

という繋がりで見て行けるようにしていくということですね。

 

 これにより

◎、炎上商法の配信者

◎、過激なことをするだけの配信者

等は収益化が難しくなりそうなので、消えて行き得ますね。

 どれだけファンを作って行けるかという部分が重要になるという事ですからね。

⑤取引所バイナンス、米フォーブスに大規模出資

 最大手の暗号資産取引所バイナンスが、アメリカの経済紙フォーブスに大規模出資をするそうです。

>>>コインポスト『バイナンス、米経済誌「フォーブス」に230億円出資へ』へのリンク

 フォーブスとは、日本でいうところの日経新聞のようなモノですね。

 つまり

『経済系の方面で大規模な影響力を持つマスメディアに対して、強い力を持つ動き』

ということです。

 これにより暗号資産投資は単なる一部の人達のお遊び、投機という領域から脱していくかもしれませんね。

⑥北京オリンピックマスコットキャラクター『ビンドゥンドゥン』NFTエアドロップ

 暗号資産IOSTが、北京冬季オリンピックのマスコットキャラクター『ビンドゥンドゥン』のNFTエアドロップを行っています。

>>>IOST『NFTプレゼント:Bing DwenDwenのメタツイン「IOSTDwenDwen」が登場』へのリンク

 今このビンドゥンドゥンは中国で絶大な人気を誇っているそうです。

 グッズが買えず中国では事件にまで発展することもあるくらいの人気だとして、日本でも報道されているくらいですね。

 これに関するNFTをIOSTがエアドロップをしています。

 IOSTのマスコットキャラクターとコラボしたようなNFTです。

 ただし、これが公式のコラボかどうかはわかりませんね。

 ともかく、無料で貰えるなら貰っておきましょう!

 

◎、IOSTからは450名に抽選で配布

◎、日本の暗号資産取引所OKコインで50名分

という形だそうです。

 まだOKコインはこれに関して情報を出していませんので、これを配るのか、販売するのか等はわかりません。

 恐らく何かしらIOSTに関するキャンペーンという形で配るのかとは思いますが。

⑦NFTゲーム元素騎士、新たなNFT配布情報が出る

※この情報は私のLINEに登録してくれている”ありむー”さんからいただきました。

※情報提供ありがとうございます。

 2022年注目のメタバースNFTゲーム元素騎士。

 ここが新たに特別なNFTの配布をするそうです。

 まだ公式サイトには掲載されていませんが、公式LINEとコミュニティ内で配信された情報ですね。

 

 内容としては、

◎、寿司イラストのNFT

◎、保有者は、ゲーム内でキャラクターを強化する特別なアイテムを買えるようになる

◎、元素騎士のコミュニティを盛り上げたユーザーに配布する

とのことです。

 これ以上の詳細な情報はまだ出ていません。

 

 しかし、

「テレグラムではなくて、ディスコードだけが対象ですよ!」

という情報が拡散されているようです。

 でも公式からはそのような情報はまだ出ておらず、公式からは

「コミュニティを盛り上げたユーザー」

とだけ出ている状況で、そのコミュニティとしてテレグラムへのリンクも張られています。

 何かゴチャゴチャしていてよく分かりませんし、今界隈で出ている情報が正しい場合、メチャクチャ大変そうで、メチャクチャ面倒そうなので、その条件なら私は参加しません。

 ともかく、私はこの辺りは公式から追加で情報が出てから本格的に動こうと思います。

 出なければ参加しません。

◎昨日最も注目されたトレンド記事の紹介

 昨日私のブログで最も注目された記事は

ふたひい新聞2月11日号

です。

 私が税計算に入って、ふたひい新聞しか配信出来ていないので申し訳ないですが、ふたひい新聞は配信していきます!

 読んでくれてありがとうございます。

最後に

 今日私は朝一で、これら個の情報を入手しました。

 情報は得て満足するためのモノではなく、行動して始めて意味を持つモノです。

 是非興味を持ったモノについては行動してみて下さい。

 

 貴方が毎日ここから情報を得たり、拡散してくれたり、はてブを付けてくれたりをするだけで、私は本当にうれしくて、やる気が湧いてきます!

 ここまで読んでくれた方、いつも読みに来てくれている方、皆さん本当にありがとうございます。

 これからもよろしくお願いします。

 ちょっと宣伝というか、プロジェクト紹介をさせていただきます。

 今、参加ハードルが存在しないくらい誰でも参加可能なDAOがメンバー募集をしています。

 他のDAOは高いスキルが必要で、参加するハードルが物凄く高いです。

 しかし、このMZDAOはweb3を知らなくても、特別なスキルがなくても、誰でも運営側として参加できます!

 DAOの運営側の経験をするなんて機会は今後もないかもしれませんので、興味がある貴方は是非この機会に検討してみてはいかがでしょうか?

>>>『MZDAOとはなにか?メリット・デメリット、コミュニティの雰囲気など』をわかりやすく本音で紹介します

サポートはこちらでも対応しています。

お好きな方を選択して下さい。

ふたひい@…にOFUSEする