ふたひい新聞『2月16日号』朝一で仕入れた情報を皆さんにもお裾分けします。

「暗号資産・投資の情報ってどうやって収集すれば良いの?沢山あって私には無理!?

そんな貴方のために、私が厳選した60ヶ所を超える情報源から得た情報を毎日、新聞まとめ記事ような形で配信しています。

 この記事は

『朝一で仕入れた最新情報(2022年2月16日号)』

です。

 過去の情報、バックナンバーはこちらからどうぞ。

>>>ふたひい新聞カテゴリー

 

 この記事を読むことで

◎、60ヶ所以上の情報源から得た情報を簡単に確認できます

◎、暗号資産界隈の最新情報を毎日知ることができます

◎、難しい内容やその出来事による影響等も理解できます

 この業界はとてもスピード感が早く、情報が数日遅いとチャンスを逃すことも多いので、是非ツイッターのフォローや、記事ごとにはてなブックマークを付けたり、LINEメルマガに登録する等をして、便利に毎日読んでみて下さいね。

 

 友だち追加

 

 それでは、2022年2月16日のふたひい新聞を一緒に見て行きましょう!

①LINEゲームをNFTゲーム化していく動き

 コミュニティアプリとして利用しているLINE。

 ここのサービスの一つであるLINEゲームがNFTゲーム化していく動きを見せ始めました。

>>>LINE Blockchain『LINEゲームをNFTゲーム化していくツイート』へのリンク

 最初は韓国から動いていくそうなので、まだ日本には何も起きません。

 しかし、LINEはアジア圏で多く利用されているアプリですので、韓国で成功すれば日本にこの流れが入ってくるのは時間の問題ですよね。

 そうなると、例えば、日本でも人気のつむつむがNFT化して、稼げるようになるという感じですね。

 なんだかんだ言って、日本でNFTやNFTゲームを一般に普及させていく上で、一番注目なのはLINEですよね。

②取引所Bybit、2月17日9時からIEOの計測開始

 大手暗号資産取引所Bybitが新たにIEOを行いますが、その詳細が公開されました。

>>>Bybit公式ブログ『Tap Fantasy (TAP)がローンチパッドにいよいよ上場!』へのリンク

 計測期間:2月17日、9時から5日間(日本時間)

 買える銘柄:暗号資産TAP

 暗号資産TAPとは、MMORPGのNFTゲームで利用される銘柄です。

 このゲームはちょっと面白そうなので、いつものように上場後即売るか、ゲームで使うように保有したままにするか悩み中です。

③大手NFTゲーム投資会社が日本進出

 大手NFTゲーム投資会社が日本に進出してくるそうです。

>>>コインポスト『NFTゲーム投資を行うWeb3.0最大手「Animoca Brands」が日本進出 講談社などから11億円を資金調達』へのリンク

 ここは今までに

◎、NFTマーケット最大手のopensea

◎、NFTゲーム最大手のアクシー

◎、メタバースNFTゲーム最大手のサンドボックス

等々に早い段階から出資をしてきた会社のようです。

 

 そんな投資会社が日本に進出してくるという事は、日本の作品からもNFTやNFTゲームが盛り上がっていくかもしれませんね。

 ただし、見方を変えると日本は悪い意味で、かなりヤバいかもしれませんね。

 だって日本がNFTに関してチンタラチンタラやっている間に、海外が日本のアニメ、漫画、ゲーム領域の権利や優秀な人材をバンバン買い漁っていくという事ですからね。

 提携している会社はその盛り上がりに乗れますし、そこに投資をしている人も乗れます。

 しかし、日本の業界全体としては海外に持っていかれてしまうわけですから、結構な痛手じゃないですか?

 

 これはまさに、自民党NFT担当の平議員が

「ヤバい!日本の規制と取組みがダメ過ぎて、日本の優秀な人材や知的財産の海外流出が止まらない!!!!」

と警鐘を鳴らしている現象そのものですよね。

 技術力だけではなく、遂にアニメ・漫画、ゲーム領域にもその流れが出てきたということですよね。

 これでも呑気に

「規制・規制!」

としか言えない場合は、今後日本からこれといった産業が無くなっていくかもしれませんね。

 私はこのような流れに乗る気満々なので、盛り上がれば、それが日本製かどうかなんて気にしないので何でも良いですが。

◎昨日最も注目されたトレンド記事

 昨日私のブログで最も注目された記事は

コインチェックが暗号資産XYMのエアドロップ配布を確定!革命レベルに凄い内容をわかりやすく説明します

です。

 やっと貰えるので、注目を集めるのは当然と言えば当然ですよね。

 ただし、私は今回の出来事は

「日本でのエアドロップに関する革命が起きた!!!」

と捉えており、その理由も説明していますので、

「やっと貰える!良かった!」

だけの人は一読をオススメします。

 

 余談で、あくまでも私の勝手な推測ですが、恐らくこれは課税対象にはならないと思います。

 というのも、私達がXYMの所有権を取得したのは取引所にXYMが届いた時点だと思われます。

 つまり、私達がXYMの所有権を取得した時点ではまだ無価値なので、収入ではありません。

 実際に受け取っていなくても、所有権を有しているとなると配布を受けるまでの間は法律・権利上はコインチェックに預けていただけ。

 そして預けている間に、無価値だったモノに価値が付いただけ。

 

 つまり今回の配布は、預けていたモノを返してもらうだけだと思われます。

 預けていた暗号資産を返してもらうだけでは税金はかかりませんので、今回のエアドロップは配布を受けても税金はかからないと思われます。

 実際に

「これは無課税だよ!」

と配信している税理士さんもいますよね。

 法律上、実際に持っている状態は占有権であり、所有権とは違う権利なので、必ずしも実際に手元になくても所有権は取得し得る権利なんですよね。

 この辺りは民法の法律家が学ぶ、ちょっと難しい話なのでこのくらいにします。

・・・でも

「既に価値が付いている時点で貰うんだから課税対象でしょ!」

という人もいるし、よくは分かりませんけどね。

最後に

 今日私は朝一で、これら個の情報を入手しました。

 情報は得て満足するためのモノではなく、行動して始めて意味を持つモノです。

 是非興味を持ったモノについては行動してみて下さい。

 

 貴方が毎日ここから情報を得たり、拡散してくれたり、はてブを付けてくれたりをするだけで、私は本当にうれしくて、やる気が湧いてきます!

 ここまで読んでくれた方、いつも読みに来てくれている方、皆さん本当にありがとうございます。

 これからもよろしくお願いします。

「今後もこのような最新情報や、噛み砕いた説明等を見続けていきたい!」

と思っていただけた貴方は、下記より100円~のご支援をお願いします。

 この活動は私個人で行っていますが、このままだと10月からは今のようなレベル・頻度での情報発信は続けられなくなりますので、皆様からのご協力をよろしくお願いします。

サポートはこちらでも対応しています。

お好きな方を選択して下さい。

ふたひい@…にOFUSEする