ふたひい新聞『2月18日号』朝一で仕入れた情報を皆さんにもお裾分けします。

「暗号資産・投資の情報ってどうやって収集すれば良いの?沢山あって私には無理!?

そんな貴方のために、私が厳選した60ヶ所を超える情報源から得た情報を毎日、新聞まとめ記事ような形で配信しています。

 この記事は

『朝一で仕入れた最新情報(2022年2月18日号)』

です。

 過去の情報、バックナンバーはこちらからどうぞ。

>>>ふたひい新聞カテゴリー

 

 この記事を読むことで

◎、60ヶ所以上の情報源から得た情報を簡単に確認できます

◎、暗号資産界隈の最新情報を毎日知ることができます

◎、難しい内容やその出来事による影響等も理解できます

 この業界はとてもスピード感が早く、情報が数日遅いとチャンスを逃すことも多いので、是非ツイッターのフォローや、記事ごとにはてなブックマークを付けたり、LINEメルマガに登録する等をして、便利に毎日読んでみて下さいね。

 

 友だち追加

 

 それでは、2022年2月18日のふたひい新聞を一緒に見て行きましょう!

①メタバースXANA、DAOメイカーからIDO決定

 メタバースXANAプロジェクトが、ここで使われる暗号資産XATA(ゼタトークン)のIDOを発表しました。

>>>XANA『XANAとDAOメイカーはIDOを発表しますツイート』へのリンク

 メタバースXANA(ザナ)とは、日本の公的機関や有名アニメ作品等も多く参加している、日本発の大型メタバースプロジェクトになります。

 まだ開発中で、たまにイベント時だけ公開されることがあるという感じのようですが、日本発のメタバースとしては注目しておいた方が良いプロジェクトの一つです。

 IDOに参加するかどうかはまた別問題ですが、ここで使われる暗号資産が正式に出されれば、そこからは投資家も一気に集まってくるので、オープンに向けて加速し始めるため注目していきましょう!

②メタバースNFTゲームサンドボックス、αテスト第二シーズンの準備始まる

 メタバースNFTゲーム最大手のサンドボックスがαテスト第二シーズンをもうすぐ始めるそうです。

>>>The SandBox『シーズン2はもうすぐですツイート』へのリンク

 私はシーズン1に参加できなかったので、これは是非参加したいので楽しみです。

 これだけ世間に注目され、知名度の高いサンドボックスですが、実はまだテスト版の段階

 しかも、まだ一般公開されない最初期のテスト版なんですよね。

 これが本格稼働したらどうなっちゃうんでしょうね?

 ちなみに第二弾に向けて、ユーザーが作ったゲームのコンテストが開催されるようです。

 サンドボックス内では、専用ツールを使って、ユーザーが自由にゲームを出せるそうなので、そのテストを兼ねたコンテストですね。

③NFTゲーム元素騎士、LPステーキングサービスも発表

 2022年最も注目と評されるNFTゲーム元素騎士。

 ここがLPステーキングサービスを開始することを発表しました。

>>>元素騎士公式ブログ『LPマイニングプールが登場』へのリンク

 LPステーキングとは、2種類以上の暗号資産を融合させて、LPトークンという形に変えます。

 そしてこのLPトークンをステーキングすることで高利率の配当を受け取れるものです。

 私はこれには参加しようと思っています。

 

 というのも、今まで元素騎士界隈のユーザーの声や動きを見ている限り、LPステーキングを行えるユーザーは少ないと考えますので、利率が良くなると思うからです。

 しかも内容を見る限り、元素騎士のLPステーキングは普通のLPステーキングよりも更に複雑で面倒になっていますからね。

 だからこそ、私は旨味があると考えているので参加予定です。

 とはいえ、

「一人だけ理解してズルい!」

と言われるような状態は私もモヤモヤするので、別記事で全体像は紹介しますね。

>>>『NFTゲーム元素騎士のLPステーキングとは何か?内容は?』わかりやすく説明します。

④暗号資産TENSET、2022年の目標を発表

 今暗号資産DOMEの高騰でも話題の、暗号資産TENSETが2022年の目標を発表しました。

>>>TENSET『これからの計画を提示する時が来ましたツイート』へのリンク

 内容が全部で13個出されていますが、ザックリ言うと

『投資家優遇&EVERDOMEメタバースを中心に進んでいく』

という内容ですね。

 もう少し具体的な内容を知りたい貴方はこちらの記事をご覧ください。

>>>暗号資産TENSETの今後『2022年以降の計画内容とは?』わかりやすく説明します

⑤バイデン大統領、来週にも暗号資産規制に関する方針を発表予定

 バイデンアメリカ大統領が、来週にも暗号資産規制に関する方針を発表するそうです。

>>>コインポスト『米バイデン政権、仮想通貨規制に関する政策方針を来週公開か』へのリンク

「規制に関する具体的な内容を発表しますよ!」

というだけの内容ですが、今日の暗号資産はこれに大きく反応して、朝から暴落していますね。

 正直この内容だけではまだ何とも言えません。

 

 しかし、

◎、今バイデン大統領は金融引き締めをしたい

◎、暗号資産規制に関する担当部署が全て、暗号資産を規制したい部署

となっています。

 そのため、

「どうせ悪い規制の内容でしょ。」

と思わせているのかと思います。

 実際問題として、私もこれらの辺りから同じように感じます。

 更に、バイデン大統領は

「もう数日中にもロシアがウクライナに侵攻するような状態だよ!戦争始まるよ!」

みたいな安易な発言もしているようなので、それも影響しているかもしれませんね。

 投資をしている者としては、経済特化のトランプ大統領の方が何十倍も良かったですね。

◎、昨日最も注目されたトレンド記事の紹介

 昨日私のブログで最も注目された記事は

暗号資産IOSTの今後『2022年上半期ロードマップの内容

です。

 なぜ急にIOSTのロードマップが注目を集めたのか私にもわかりません。

 ここ最近IOSTはこれといった動きや情報が出していません。

 北京オリンピックのマスコット”ビンドゥンドゥン”とIOSTマスコットがコラボしたNFTを出したくらいですよね。

 でもそれは別にロードマップには書かれていませんし。

 注目された理由はわかりませんが、沢山の人に読んで頂けている事は嬉しいので、ありがとうございます。

最後に

 今日私は朝一で、これら個の情報を入手しました。

 情報は得て満足するためのモノではなく、行動して始めて意味を持つモノです。

 是非興味を持ったモノについては行動してみて下さい。

 

 貴方が毎日ここから情報を得たり、拡散してくれたり、はてブを付けてくれたりをするだけで、私は本当にうれしくて、やる気が湧いてきます!

 ここまで読んでくれた方、いつも読みに来てくれている方、皆さん本当にありがとうございます。

 これからもよろしくお願いします。

「今後もこのような最新情報や、噛み砕いた説明等を見続けていきたい!」

と思っていただけた貴方は、下記より100円~のご支援をお願いします。

 この活動は私個人で行っていますが、このままだと10月からは今のようなレベル・頻度での情報発信は続けられなくなりますので、皆様からのご協力をよろしくお願いします。

サポートはこちらでも対応しています。

お好きな方を選択して下さい。

ふたひい@…にOFUSEする