ふたひい新聞『2月23日号』朝一で仕入れた情報を皆さんにもお裾分けします。

「暗号資産・投資の情報ってどうやって収集すれば良いの?沢山あって私には無理!?

そんな貴方のために、私が厳選した60ヶ所を超える情報源から得た情報を毎日、新聞まとめ記事ような形で配信しています。

 この記事は

『朝一で仕入れた最新情報(2022年2月23日号)』

です。

 過去の情報、バックナンバーはこちらからどうぞ。

>>>ふたひい新聞カテゴリー

 

 この記事を読むことで

◎、60ヶ所以上の情報源から得た情報を簡単に確認できます

◎、暗号資産界隈の最新情報を毎日知ることができます

◎、難しい内容やその出来事による影響等も理解できます

 この業界はとてもスピード感が早く、情報が数日遅いとチャンスを逃すことも多いので、是非ツイッターのフォローや、記事ごとにはてなブックマークを付けたり、LINEメルマガに登録する等をして、便利に毎日読んでみて下さいね。

 

 友だち追加

 

 それでは、2022年2月23日のふたひい新聞を一緒に見て行きましょう!

①NFTをAR等に投影できるFanTop公式アプリ登場

 NFTをAR等に投影できるアプリが登場しました。

>>>FanTop『公式アプリが登場しましたツイート』へのリンク

 具体的な機能としては

◎、自分のバーチャル空間にNFTを飾れる

(メタバースではないと思われます)

◎、NFTを触る

◎、AR投影できる

という感じのようです。

 こんな面白そうなアプリなのに、何故私が推測口調でお伝えしている理由。

 それは、使えないからです。

 スマホも、パソコンもまだ1~2年以内くらいの新しいモノなのですが、何故か

「これらのデバイスは対応していません」

とエラーが出てしまって使えないんです。

 

 そのため、使える端末がかなり限定されているアプリっぽいです。

 私と同じで興味はあるけど、使えない人はもっと多くの人が使えるようになるまで待ちましょう!

②メタバースパスポートNFTMetaRing、次々と提携が決まる

 メタバースパスポートNFT、MetaRingが次々と提携先を広げています。

>>>『MetaRing公式ツイッター』へのリンク

 メタバースパスポートNFTとは、それ1つを持っているだけで複数のメタバースプロジェクトから様々な特典を受けられるNFTになります。(私が勝手に言ってるだけで、正式名称ではありません)

 調べてみると、提携しているメタバースプロジェクトで

◎、テスト先行プレイに参加できる

◎、特別なエアドロップが貰える

◎、暗号資産プレセールに参加できる

等々が多いようですね。

 でも、MetaRingが提携しているプロジェクトはどれも知らない!

 更に、何も考えずに手を広げ過ぎると大変で、結局上手くいかなそうなので、取りあえず私は保留ですかね。

 販売は3月3日で、追加販売をする予定はないようなので、興味がある人は参加してみてはいかがでしょうか。

 

 ここで私が一番お伝えしたいことは、MetaRingそのものではなく

「今後はこのように、複数のプロジェクトから恩恵を受けられるNFTの活用方法や仕組みが増えてくるかもしれませんよ!」

というトレンドの兆候という部分です。

③取引所KANGAで暗号資産TENSETがBSCに対応

 取引所KANGAで扱う、暗号資産TENSETがBNBチェーン(旧BSC)に対応したそうです。

>>>TENSET『TENSETのBSCはKANGAで稼働ツイート』へのリンク

 今話題の暗号資産TENSETは、主にイーサリアムチェーン上の銘柄で、最近BNBチェーンに対応をしました。

 しかし、イーサリアムチェーンは何をするにもガス代(手数料)が高すぎるので、数万円を負担と感じないレベルのお金持ち以外には使いモノになりません。

「それは辛すぎる!」

という事で、イーサリアムチェーンからガス代(手数料)が凄く安いBNBチェーンに移行を考える人は多いです。

 しかし、その以降をする場合、イーサリアムチェーンとBNBチェーン両方のガス代(手数料)が取られますので、不便極まりない状態でした。

 

 そこでガス代(手数料)を節約するためには取引所を経由し、送金し直すという方法を使ってチェーンを移行させる手段が取られます。

 でも、今まで暗号資産TENSETのBNBチェーンに対応している取引所がなかったのでそれが出来なかったんですね。

 その上で、この度ガス代(手数料)を節約できる手段が増えたという出来事になりますので、中級者向けの情報ですね。

 あとは、TENSETのプロジェクト全部がBNBチェーンで参加できるようになれば、最高ですね!

④シノビウォレット、アフィリエイト開始

 シノビウォレットが、アフィリエイトを開始しました。

>>>シノビウォレット公式ブログ『ShinobiWalletが1.4.8に更新されました』へのリンク

 招待コードは自身のシノビウォレットアドレスだそうです。

 シノビウォレットの利用を始める際に、新規ユーザーがこれを入れて始めると、紹介者も紹介された者も、シノビウォレット上でのガス代(手数料)が20%安くなるそうです。

 でも私は、安易にアドレスと個人を結びつけるような行動が必要なモノには基本的に参加しないので、見送ります。

 でも、ウォレットでガス代(手数料)が常時20%引きはかなりお得ですので、興味がある人はやってみたはいかがでしょうか?

⑤三菱UFJ銀行、NFT・ウォレットサービス開発開始

 三菱UFJ銀行が、株・証券に関するNFTとウォレットサービスを開始する予定だそうです。

>>>コインポスト『三菱UFJ銀行、優待等を対象としたNFT「Progmat UT」とデジタルアセット用ウォレットサービス開発開始』へのリンク

 株への投資などで受け取れる優待等をスマホ一つで使えるようになるみたいですね。

 更に、それらの権利を他人にプレゼントすることも簡単にできるようです。

 そしてNFTを扱うとなるとウォレットが必要になるので、ウォレットの開発も進めているという事のようですね。

 大手銀行がウォレットやNFTを扱い始めると、便利という面で世間に早く普及するキッカケになるかもしれませんね。

⑥ニューヨークにNFTの自動販売機登場

 ニューヨークでNFTの自動販売機が登場したそうです。

>>>コインポスト『ソラナ基盤のNFT自動販売機 米ニューヨーク市に設置』へのリンク

 普通に物理的な自動販売機で、NFTを受け取るためのQRコードが書かれた箱が出てくるようです。

 それをスマホで読み取るとNFTが手に入るというモノですね。

 つまり、ウォレットさえ持っていれば街中で誰でも、いつでもNFTが簡単に買えるようになるという事です。

 

 このレベルで簡単に購入できるようになると、今お菓子についている付録のトレカ等は今後NFTになって行くかもしれませんね。

 QRコードが書かれている紙さえあれば問題ないんですから、普通に可能ですよね。

 しかも、NFTなので、それを誰かに売ることも可能で、

「これもう持ってるから要らない!」

と捨てる必要もなくなりますから、エコという観点からもNFTにすべきですよね。

◎、昨日最も注目されたトレンド記事の紹介

 昨日私のブログで最も注目された記事は

『ふたひい新聞2月22日号』

です。

 独立記事を他に書いていない時はふたひい新聞が注目される傾向になります。

 最近これと言った大きな動きはないですし、私自身の投資面におけるやる気も落ち気味なので、ふたひい新聞以外に書いていませんからね。

「流石に暗号資産投資だけでは、ちょっと厳しいな」

ということで、私は今、介護系の情報発信と事業を作るような方に力を入れています。

>>>『ふたひいの介護革命』へのリンク

 

 ツイッターでも言ったように、情報発信って修業レベルで辛い行為なので、応援メッセージや反応がやる気や質にダイレクトに影響するんですよね。

最後に

 今日私は朝一で、これら個の情報を入手しました。

 情報は得て満足するためのモノではなく、行動して始めて意味を持つモノです。

 是非興味を持ったモノについては行動してみて下さい。

 

 貴方が毎日ここから情報を得たり、拡散してくれたり、はてブを付けてくれたりをするだけで、私は本当にうれしくて、やる気が湧いてきます!

 ここまで読んでくれた方、いつも読みに来てくれている方、皆さん本当にありがとうございます。

 これからもよろしくお願いします。

「今後もこのような最新情報や、噛み砕いた説明等を見続けていきたい!」

と思っていただけた貴方は、下記より100円~のご支援をお願いします。

 この活動は私個人で行っていますが、このままだと今のようなレベル・頻度での情報発信は続けられなくなりますので、皆様からのご協力をよろしくお願いします。

サポートはこちらでも対応しています。

お好きな方を選択して下さい。

ふたひい@…にOFUSEする