ふたひい新聞『3月4日号』朝一で仕入れた情報を皆さんにもお裾分けします。

 私が厳選した約100ヶ所の情報源から得た情報を毎日、新聞まとめ記事ような形で配信しています。

 この記事は

『朝一で仕入れた最新情報(2022年3月4日号)』

です。

 過去の情報、バックナンバーはこちらからどうぞ。

>>>ふたひい新聞カテゴリー

 

 この記事を読むだけで、100ヶ所近い情報源からの情報を一度に得ることができます。

 この業界はとてもスピード感が早く、情報が数日遅いとチャンスを逃すことも多いので、是非ツイッターのフォローや、LINEメルマガに登録する等をして、便利に毎日読んでみて下さい。

 

 友だち追加

 

 それでは、2022年3月4日のふたひい新聞を一緒に見て行きましょう!

①メタバースNFTサンドボックス、テスト版オープン

 メタバースNFTゲーム最大手のサンドボックスがテスト版を正式オープンしました。

>>>TheSandBox『αシーズンがオープンしましたツイート』へのリンク

 私もまだ遊んでいないので、詳細はわかりません。

 ただクエストをこなして、特別な

『αパスNFT』

を獲得できるそうですよ。

「このαパスは欲しいけど、そんなにゲームをやり込める暇はないよ!」

という人は、ホワイトリストを買うことも出来ます。

 提携しているMetaRingNFT保有者にはαパスNFTホワイトリストに登録されるそうです。

 MetaRingについてはこちらの記事をどうぞ。

>>>ふたひい注目のNFTゲーム・メタバース等『<MetaRing>(稼働初期)

②暗号資産CORE、取引所Bitrueに上場

 暗号資産XRP保有者が参加できた暗号資産SOLOのエアドロップ。

 その暗号資産SOLO保有者が更に追加で参加できる暗号資産COREのエアドロップ。

 この暗号資産COREが取引所Bitrueに上場するようです。

>>>Bitrue『Coreがリストしましたツイート』へのリンク

 このエアドロップは2022年一杯毎月行われます。

 そしてBitrueは、SOLOを口座に保有しているだけでCOREを自動的に配布してくれますが、初回は3月末に配布するようです。

 まだ参加できますので、このエアドロップに興味がある人はこちらの記事をどうぞ。

>>>仮想通貨SOLO系エアドロップ3回、全てに参加できるように情報を整理して紹介します

③NFTゲームMine of Dalarniaの土地販売第二弾の抽選応募開始

 NFTゲームMine of Dalarniaの土地販売第二弾の抽選応募が開始されたようです。

>>>Mine of Dalarnia『第二弾土地販売のお知らせツイート』へのリンク

 この土地の保有者は、自分で土地内を自由に採掘できたり、他人に貸してレンタル料をもらったりができます。

 第一弾は私も参加してモノの見事に落選しています。

 ただし、第二弾はちょっと参加条件が厳しくなっているので、私は参加しません。

「メタバースの土地が買えるかもしれないなら是非参加したい!」

という人向けに簡単に紹介すると

◎、マイニングエイプNFT保有者

◎、暗号資産DAR100枚以上をステーキング

です。

 詳細はリンクを張ったツイートから行けるページに書かれています。

④NFTゲームHeroCat、大型アップデート

 レベルアップアイテムに課金を科すまでは調子の良かったNFTゲームHeroCat

 ここが今日大型アップデートをするそうです。

>>>HeroCat『ビッグアップデートが待っています!』へのリンク

 時間は日本時間で14時ころのようです。

 一旦ゲームを停止するようなので、テスト版から正規版に移行するんでしょうかね?

 でもそれにしては流石に宣伝が少ないというか雑過ぎるので、それはないんですかね?

 ともかく、何か大きく変わるそうです。

 

 私的には、

『レベルアップアイテムへの課金をなくして欲しい』

 ただそれだけです。

 課金することで、課金量よりも収益性が上がるならまだしも、課金分を回収するには片手間ユーザーでは下手したら1年以上掛かるレベルの高額課金ですからねぇ。

⑤取引所OKコイン、暗号資産DONのエアドロップは日本円で振込対応

 日本の暗号資産取引所OKコインが、暗号資産DONエアドロップの分は日本円に換算して振り込む対応をするそうです。

>>>OKコイン『IOST』保有者に対する『DON』エアドロップへの対応について』へのリンク

 暗号資産DONは、去年の9月30日に暗号資産IOSTを口座内に保有していた人が貰える暗号資産です。

 本当は暗号資産DONで貰えるモノですが、日本ではその銘柄を取り扱わないと配布ができません。

 しかし、日本は取扱って良いかどうかの審査が尋常じゃないくらいに遅いことで有名です。

 そのため、OKコインは

「これでは何年先に配れるかわからない。それではユーザーのためにならないな。」

と判断して、日本円で配布という判断をしたのかと思われます。

 他の取引所は配布出来ない場合は、配布しないで破棄するという判断をしているので、この動きはOKコイン様々です。

 コインチェックのように昔からある取引所は、この破棄判断をしてきた結果、今でも

「まだ配布しないの?逃がさないからな!」

のように追及しているアンチの人が沢山いるくらいですからね。

⑥スイスのルガーノ市、暗号資産を実質的に法定通貨化へ

 スイスのルガーノ市が暗号資産を実質的に法定通貨にする動きを見せているそうです。

>>>コインポスト『スイスのルガーノ市、ビットコインやテザーを事実上の法定通貨へ』へのリンク

 正式な法定通貨にするためには、法によって明確にしなければなりません。

 しかし、市は通貨に関する法律を作れませんので、

『実質的に』

ということのようです。

 つまり、法的には法定通貨ではありませんが、暗号資産を法定通貨と同じことに使えるようにするという事ですね。

 具体的には、

◎、買い物・決済

◎、税金や公共料金の支払い

◎、学校の授業料支払い

等だそうです。

 既に正式な法定通貨にしているエルサルバドル共和国はビットコインだけですが、ルガーノ市では3銘柄

◎、ビットコイン

◎、USDT

◎、LVGA

だそうです。

 これは面白いですね!

 既得権益を守りたい先進国が、暗号資産部分で開発途上国にドンドン追い抜かれていく世界も面白そうですよね。

 ただ、ヨーロッパ諸国はPowという仕組みのビットコインを毛嫌いしているんですよね。

 果たして、この動きはどうなっていくのか?

 注視が必要かもしれませんね。

◎、昨日最も注目されたトレンド記事の紹介

 昨日私のブログで最も注目された記事は

ふたひいが応募したキャンペーン・エアドロップ『2022年3月3日』を皆さんにもお裾分けします

です。

 昨日お裾分けできる情報がなく、ふたひい新聞を休刊した代わりにお試しで書いて記事です。

 思ったよりも反響が良いので、今後も何か応募したときには作成します。

 今日も配信予定なので、気になる人は見に来てくださいね!

>>>ふたひいが応募したキャンペーン・エアドロップ『2022年3月4日』

最後に

 毎日の情報発信は読者の貴方からの応援が心の支えになって成り立っています。

 少しでも良かったと思っていただけたら、頑張る気持ちが折れないように、

『記事に”はてなブックマーク”を付けて、目に見える形で足跡』

を残して貰えると頑張れます。

 ここまで読んでくれた方、いつも読みに来てくれている方、皆さん本当にありがとうございます。

 これからもよろしくお願いします。

「今後もこのような最新情報や、噛み砕いた説明等を見続けていきたい!」

と思っていただけた貴方は、下記より100円~のご支援をお願いします。

 この活動は私個人で行っていますが、このままだと10月からは今のようなレベル・頻度での情報発信は続けられなくなりますので、皆様からのご協力をよろしくお願いします。

サポートはこちらでも対応しています。

お好きな方を選択して下さい。

ふたひい@…にOFUSEする