ふたひい新聞『3月30日号』朝一で仕入れた情報を皆さんにもお裾分けします。

「将来に不安があるから、暗号資産に投資をして大きく稼ぎたい!」

 この記事に辿り着いた貴方は、そう思って暗号資産に投資をしていると思います。

 しかし暗号資産投資で稼ぐためには、ある程度暗号資産に詳しく、常に変化を繰り返している暗号資産の最新情報を入手し続ける必要があります。

 たまに

「なんだかんだ言ってもガチホしか勝たん!」

と言われますが、あれは最低限の知識を持ち、情報のアップデートを繰り返した上でガチホをするなら強いという意味です。

 

 そのように言われると

「どうしよう!?私は何も詳しくないし、情報収集しないでガチホしていました!確かに資産減ってます。」

「私は仕事の合間で投資しているので、毎日情報収集なんて無理です!」

「結局私には投資で稼ぐのは無理ってことですか?どうしたら良いと思いますか?」

と感じますよね。

 そこで、忙しくて毎日情報収集をしている余裕のない貴方のために、私が毎日100ヶ所を超える厳選した情報源から入手した情報を毎日お裾分けします。

 この記事はその

『ふたひい新聞:2022年3月30日号』

です。

>>>ふたひい新聞のバックナンバー

 この記事を読むことで忙しくて情報収集が出来ない貴方も

◎、暗号資産についての学びを得られて、詳しくなっていく一歩を踏み出せます

◎、暗号資産投資で少しでもプラスを出し、生活が楽になるための一歩を踏み出せます

 それでは、そんな暗号資産についての出来事について一緒に見て行きましょう!

①バイナンス、サイドチェーン開発を発表

最大手取引所バイナンスが、サイドチェーン開発を発表しました。

>>>コインポスト『バイナンス、サイドチェーンのローンチを計画』へのリンク

 サイドチェーンとは、バイクのサイドカーのような存在です。

 メイン部分に対して自由に着脱が可能で、拡張性が実質無限大と言えます。

 更に、もし何が悪質な攻撃を受けたり、重大なバグが発生したりしても、サイドカー部分を切り離せばメインは無傷という感じのモノですね。

 

 このサイドチェーンを最大の特徴とする形で、何年間もずっと実直に開発を進めてきたのは暗号資産LISKです。

 LISKほどの高性能なモノは流石に作れないでしょうが、良いモノを作れば広がるなんてマーケティングは昭和の話なので、LISKを刺激するという意味合いでも私は良い動きだと思います。

 それに正直な話、今私はBSCが一番多く利用しているチェーンですので、ここが更に拡張性を広げ、処理速度も向上するのはありがたい限りです。

②メタマスク、アップルペイに対応

 世界で最もアクティブユーザー数の多いメタマスクウォレットが、アップルペイに対応したそうです。

>>>コインポスト『Web3.0ウォレットMetaMask、Apple Payに対応』へのリンク

 これにより、

◎、アップルペイ

◎、アップルペイ対応のクレジットカード

◎、アップルペイ対応のデビットカード

で暗号資産が購入できるようになったそうです。

「へぇ~。でも今暗号資産に興味を持っている人の多くは普通に取引所を通して購入するし、そこまで凄い情報じゃなくない?」

と思うかもしれませんが、それは甘い!

 

 4月からは日本を始め、その他一部の国々でも暗号資産の送金ルールが変わります。(トラベルルールへの対応をする)

>>>【4月から暗号資産が大きく変わる】『トラベルルールとは?』初心者にもわかりやすく、簡単に説明します

 そうなると、今まで通り安易に国内取引所で暗号資産を購入するのは控えた方が良い事態にもなり得ます。

 そうなった場合

「暗号資産をどこで買うか?」

と考えたら、日本国内取引所以外のところでクレジットカード等で買うという手段になります。

 そのため、このように購入するための選択肢が増えるのはトラベルルールに従う動きを見せている日本等の国こそ重要なんですね。

 この情報単体では大してインパクトはありませんが、何か大きな変化が起きて

「さて、どうしたものか?」

と考えたときに、解決策があると凄く助かりますからね。

③国内取引所BitBox、暗号資産DOGEの取り扱い発表

 国内取引所BitBoxが、日本で初となる暗号資産DOGE(ドージコイン)の取り扱い予定を発表しました。

>>>コインポスト『BTCBOX、国内初の仮想通貨ドージコイン(DOGE)取り扱いへ』へのリンク

 この取引所は知らないのですが、この情報で注目なのは

『日本初の暗号資産を取り扱う』

と言う部分です。

 これがいつごろから上場申請を出していたのかわかりませんが、もし最近の上場審査を整理して、迅速に行っていくという動きによるモノなら、かなり審査速度が速くなったことを意味します。

>>>ふたひい新聞3月23日号『⑧暗号資産が国内取引所へ上場が早くなる動き正式決定

 ここから日本の取引所に上場する銘柄の量や速さにも注目していきましょう!

◎、昨日最も注目されたトレンド記事の紹介

 昨日私のブログで最も注目された記事は

【4月から暗号資産が大きく変わる】『トラベルルールとは?』初心者にもわかりやすく、簡単に説明します

です。

 私は基本的に国内取引所を利用していないのですが、コインチェックは既に前倒して開始しているんですかね?

 送金ルールが変わるとなると、暗号資産投資をしている人全員に関係がある出来事なので、ここ数日読んでもらえているようです。

 いつも読んで頂きありがとうございます。

最後に

この記事を読む前は、自分一人では気付けなかったであろう出来事を、この記事を読むことで知ることが出来ましたよね。

 このような出来事を毎日把握し、毎日学んでいれば

「自然と詳しくなっていきそう!」

と感じませんか?

 それこそが、この記事を読んで貴方に身に付いたモノです。

 是非その感覚、その気持ちを毎日味わって、暗号資産の変化に詳しくなり、その結果生活費を少しでも獲得する土台を築いていきましょう!

「今後もこのような最新情報や、噛み砕いた説明等を見続けていきたい!」

と思っていただけた貴方は、下記より100円~のご支援をお願いします。

 この活動は私個人で行っていますが、このままだと10月からは今のようなレベル・頻度での情報発信は続けられなくなりますので、皆様からのご協力をよろしくお願いします。

サポートはこちらでも対応しています。

お好きな方を選択して下さい。

ふたひい@…にOFUSEする