【注目な出来事】メタ社(旧フェイスブック)が新たにデジタル通貨を作ることを発表

 SNS事業からメタバース企業に転身したメタ社(旧フェイスブック)

 ここはかつて暗号資産DIEMを作ろうとして、アメリカ政府の規制に潰されました。

 しかしこの度デジタル通貨を新たに作ることを発表しました。

>>>コインポスト『メタ(旧フェイスブック)社、メタバース向けのデジタル通貨「Zuck buck」を計画か』へのリンク

デジタル通貨と暗号資産の違い

 デジタル通貨とは、デジタル化されたお金のように使えるモノ全般を指す言葉です。

 この定義で見れば暗号資産もデジタル通貨の一つですが、わかり難くなるので、通常は分けて使う事が多いですね。

 今回も暗号資産とは違うモノとしてデジタル通貨という言葉を使っています。

 

 その上で、

「じゃあ暗号資産以外のデジタル通貨ってどんなの?」

と疑問が湧いてきますよね。

 その辺りについて簡単に触れて行きたいと思います。

<そのサービス内でしか使えない>

 今回メタ社が発表したデジタル通貨は、メタ社が作っているメタバース内で使える通貨です。

 暗号資産と違い、ブロックチェーン上に書き込まれないので外部に持ち出すことは出来ません。

 イメージとしては、楽天ポイントをイメージすれば良いと思います。

 楽天ポイントは、楽天経済圏内ではお金と同等に使えますが、それを他のサービスに利用したり、日本円に替えたりは出来ませんよね。

 今回のメタ社が発表したデジタル通貨もそれと同じで、他のサービスに持ち出せませんし、日本円やアメリカドル等の法定通貨に変えることは出来ないというモノですね。

<発行する条件が違う>

 更に暗号資産と違う部分としては、特定の人が自由に発行することが可能という部分もあります。

 暗号資産は世界中の人達が発行手続きを踏むことによって生み出されます。

 発行手続きはみんな平等な条件ですし、発行速度にもルールが定められているので、誰か特定の人が操作することは出来ません。

 しかし楽天ポイントや、今回メタ社の発行するようなデジタル通貨は楽天やメタ社等の特定の人物や組織がいつでも自由に発行できます。

 

 暗号資産のようにそれ自体を売買するわけではないので、発行すれば発行するほど、発行組織がその分だけお金が入ってこなくなり損をするだけで、それをするかどうかは発行組織の自由なんですね。

私個人的な見解

 個人的に注目しているのは、今回のデジタル通貨ではありません。

 その先にあり得る可能性です。

 それは何かというと

『メタ社(旧フェイスブック)が再度暗号資産を作る可能性』

です。

 

 世界の貧困層を救うためにメタ社(旧フェイスブック)が作っていた暗号資産DIEMは、アメリカ政府の本音の部分で

「1民間会社が出過ぎた真似をするな!」

的に潰され、会社と技術だけ他の組織に持っていかれるような形になりました。

 こんなことをされてメタ社がずっと大人しく黙ったままでいるでしょうか?

 

 それから時間も経過し、暗号資産推進派の国会議員も現れ、発言力を増してきています。

 更に、メタ社の持つSNSフェイスブックは5月中にもNFTに対応すると言っています。

 開発中のメタバースでもNFT対応するとしています。

 NFTに対応するとなるとウォレットが必要になります。

 ウォレットサービスを展開し、NFTの送受信も出来るようになる。

 この動きを活発にしていて

「暗号資産にだけは関わりません!」

と言う方が不自然です。

 

 そのため、まだアメリカ政府に目を付けられている今は大人しくデジタル通貨止まりにしておき、今後そこから暗号資産に発展させていこうとしているのではないでしょうか?

 別に開発自体は規制されませんので、それまで開発だけはしておき、タイミングを見計らって

「私達も暗号資産を出します!直ぐにでも出せます!」

と言ってきそうな気がします。

 これはあくまでも私個人の勝手な推測ですし、その時期がいつになるかはわかりませんが、今後もこの動きには注目していった方が良いと個人的には思います!

最後に

 本ブログへの広告掲載をするサービスを開始しました。

 個人でも、企業でも、ツイッターアカウントでも、誰でも安価で掲載できますので、少しでも気になる貴方はこちらの記事をお読みください。

 >>>本ブログに貴方の広告を安価で掲載します。【掲載料金、条件などの詳細】

 

サポートはこちらでも対応しています。

お好きな方を選択して下さい。

ふたひい@…にOFUSEする