初めての仮想通貨『BAT・ベーシックアテンショントークンとは?』超初心者向けに分かりやすく説明します。

2021年4月1日

 2021年に入り仮想通貨への注目が集まり、盛り上がりを見せています。

 

 そこで

「この仮想通貨BAT(ベーシックアテンショントークン。以下バットと呼称)ってどんな特徴があるの?」

「なんかBAT(バット)って地味!どんなコインなの?」

「調べてもBAT(バット)の特徴が良く分からない!」

「誰か、何も分からない私に分かるように教えて!」

という声が多く聞かれるようになりました。

 

 詳しい人の解説って難しい言葉が当たり前のように使われていて分かり難いんですよね。

 

 そこで今回は

『仮想通貨BAT(バット)とは?』

について、超初心者向けに分かりやすさ重視で説明していきます!

 

 この記事を読むことで

◎、仮想通貨BAT(バット)がどんな特徴を持っているのかイメージできます。

◎、仮想通貨BAT(バット)に投資をする上での基礎知識を学べます。

◎、これからの普及具合・流れを予測する材料になります。

 

 それでは詳しく見て行きましょう!

 

 

 

次世代型インターネットブラウザbraveの上で使う仮想通貨

 仮想通貨BAT(バット)は、

『次世代型インターネットブラウザbrave上で使う仮想通貨』

になります。

 

 そのため、他の有名な銘柄と違って、それ単体で何か特別なことが出来るわけではありません。

 つまり、

◎、braveを盛り上げる

◎、braveの普及に貢献する

等という目的の仮想通貨ですね。

 

 braveの特徴は簡単に紹介すると

◎広告自動カット

 ・ サイトの表示速度向上

 ・ ギガの消費量を抑える

◎プライバシー保護性能がかなり高い

◎使うだけで収益化可能

等です。

 

 更に詳しい説明はこちらの記事をお読みください。

>>>『インターネットブラウザbraveとはなに?』その特徴を誰にでもわかりやすく説明します。

 

 そんなbraveを支える仮想通貨BAT(バット)

 今回は特徴や、主な使い道等を3点ご紹介していきます!

①、braveを使うだけで貰える

②、投げ銭としてクリエイターを応援できる

③、braveの開発が進むのに比例して用途が増えていく

 

 どういうことか、更に詳しく見ていきましょう!

 

 

 

①braveを使うだけで貰える

 この特徴はbraveの特徴としても説明していますが、

『braveを使うだけで仮想通貨BAT(バット)が貰える』

という特徴があります。

 

 ただし、現状日本ではこの方法で得られるのはBAP(バットポイント)になります。

 このポイントは円等に変える事が出来ないので、実質的にお金としての価値を得られるという段階にはまだありません。

 

 まだその段階にないだけで、ビットフライヤーが徐々に円に変えられるような開発を進めていますので、今後はポイントではなく、仮想通貨BAT(バット)として得られるようになっていくと思われます。

 

 ただし、2021年3月31日に

『braveクリエイター』

というbraveに登録している情報発信者は、投げ銭として受け取ったBAP(バットポイント)を仮想通貨BAT(バット)として受け取れる機能が実装されたようです。

 

 この特徴があるので、ブラウザbraveを使う動機付けの一つとして貢献できているわけですね。

 他のブラウザであるグーグルクローム等では、どんなに使っても収益化はされませんからね。

 

 

 

②投げ銭としてクリエイターを応援できる

 前項でも少し触れましたが、仮想通貨BAT(バット)、BAP(バットポイント)は投げ銭としての機能を有しています。

 

 braveを使って、情報発信をしている人は、braveに登録することで

『braveクリエイター』

となり、投げ銭を受け取れるようになります。

 

 私もbraveクリエイターとして登録されているので、braveを使用している人から投げ銭を受け取れる状態にあります。

 

 braveの画面のアドレスバー右側

『△マーク』

をクリックすると上記画像のような投げ銭ページが開き、送受信できます。

 

 

 

③braveの開発が進むのに比例して用途が増えていく

 主な用途が投げ銭なので

「投げ銭コイン」

とあだ名がある仮想通貨BAT(バット)

 

 しかし、それはあくまでもまだbraveの開発が始まったばかりで、その機能が限定的だからです。

 今後braveの開発が進み、ドンドン機能を拡張していけば仮想通貨BAT(バット)の用途は増えていきます。

 

 既にbraveを使っている人は何千万人もおり、今も倍々という早さで使う人が増えているそうです。

 使う人が増えればそれだけでも使われる機会は増え、仮想通貨BAT(バット)を使う機能も増えれば更に使われていく。

 

 まさに

『これからの銘柄』

と言えそうですね。

 

 このように聞くと

「じゃあbraveは今後どんな機能を備えようと開発が進んでいるの?」

と気になりますよね。

 

 それは主に

◎、NFTマーケットサービス

◎、仮想通貨BATを軸にしたDex

◎、独自の検索エンジン開発

◎、IPFS関連開発

です。

 

 前者NFTとDexに関して更に詳しくはこちらの記事をお読みください。

>>>仮想通貨に興味がある人必見!『次世代型ブラウザbraveの開発ロードマップ』を初心者向けに分かりやすく説明します。

 

 後者検索エンジン、IPFSに関して更に詳しくはこちらの記事をお読みください。

>>>『インターネットブラウザbraveとはなに?』その特徴を誰にでもわかりやすく説明します。

 

 これらの動きを受けて、海外では仮想通貨ETF商品(仮想通貨の詰め合わせセット)の中に仮想通貨BAT(バット)を入れる動きもあります。

 

 この詰め合わせセットは仮想通貨市場だけではなく、市場規模が何倍も大きい証券市場で売買可能になります!

 投資商品としてかなり資金が流れて来得る大きな出来事です。

 

 その中に仮想通貨BAT(バット)も含まれる銘柄の一つなのですから、もはや

「投げ銭コイン」

なんてあだ名では収まらず、色々と期待できる部分の多い銘柄と言えるのではないでしょうか?

 

 

 

まとめ

 仮想通貨BAT(バット)は、インターネットブラウザbraveの上で使う仮想通貨です。

 

 仮想通貨BAT(バット)自体が何かをするというよりも、braveを普及させるための存在です。

 

 その上で、主な特徴や用途3点

①、braveを使うだけで貰える

 『braveを使う動機付けになる』

 

②、投げ銭としてクリエイターを応援できる

 『得たBATは投げ銭として使える』

 

③、braveの開発が進むのに比例して用途が増えていく

 『braveの開発が進むとBATの用途が大幅に増え得る』

 ・ NFT

 ・ Dexの基軸

 ・ brave検索エンジン

 ・ IPFS

 ・ ETF投資銘柄の一つ

等々、単なる投げ銭コインとしての枠を大きく超えていく銘柄と言える。

 

 これで仮想通貨BAT(バット)がどんな特徴を持っているのかイメージできましたよね。

 そのことにより仮想通貨BAT(バット)の基礎知識を持って、見て行くことができますよね。

 

 もしBAT(バット)に投資をしたいのなら、初心者には使いやすい

『コインチェック』

 

 または、業務提携している

『ビットフライヤー』

がオススメです。

 

 是非チェックして見て下さい!

 

 他の仮想通貨も気になる貴方は、こちらのカテゴリーから探して見て下さい

>>>仮想通貨カテゴリー

 

 

 

 LINEメルマガ始めました!

友だち登録をする 

「ブログも、毎日読むとなると私には結構大変です!」

「もっと短く学びを得られる方法はないの?」

そんな貴方向けとなっています。

 

 その日私が発信したブログの内容を、

ほぼ毎日、午後8時

1分で学べる量

に要約したモノを発信しています。

 

「一人では中々勉強が続かない!」

「まずは1分からでも、勉強習慣を身につけるところから!」

そんな貴方は是非登録してご活用ください!

 

 なお、中身がその時々で偏りますので

「これについて教えて欲しい!」

というテーマがあればチャットで教えて下さい。

「情報提供ご苦労さん!

と、100円でも支援していただけたら嬉しくて頑張れます!

応援してくれる方はこちらから宜しくお願いします。

ふたひい@…にOFUSEする