初めてのweb3学習③『web3ウォレットで出来ることの全体像を理解する』

 岸田総理の発言や、MZDAOの始動などによりweb3という言葉に触れる機会が多くなっています。

 そこで

「私もこの機会にweb3について色々と勉強してみよう!」

と決意を持っている人は沢山いますが、いざ行動すると

「うわぁ~ワケが分からない!ネットで調べても、本を読んでも、異次元の難しさだ!」

「こんなの本当にみんな理解しているの?もしそうなら神だ!!!」

「・・・そもそもどんなところから勉強始めれば良いの?」

等と途方に暮れる未来が待っています。

 

 そこで今回は、今の貴方と同じように途方に暮れつつも、何とかweb3に関わるうえで最低限+αくらいの知識を身に付けられた私が、自己の経験を基に実践的に組み立てた

『初めてのweb3学習シリーズ③:web3ウォレットで出来ることの全体像を理解する』

を書いていきます。

 いきなりこの記事に辿り着いた貴方はこちらの記事を先にどうぞ

>>>初めてのweb3学習⓪『web3学習の全体像』をわかりやすく説明します。

 

 この記事を読むことで

◎、実践的なweb3学習が行えます

◎、実際にweb3サービスを利用する準備が整います

 私は、

「難しい言葉や厳密に正しい仕組み等は理解の邪魔になるのなら不要だ!」

との考えの上で噛み砕いていきますので、書籍等では難しくて理解できない人でも理解しやすいと思います!

(そのため私のところでイメージできるようになったら、正確な説明をしてくれる人から学ぶことをオススメします。)

 それではweb3ウォレットでやれることについて一緒に見て行きましょう!

暗号資産・NFTの送受信

 前の学習でウォレットはお財布ですと言いましたので、当然財布として

『暗号資産やNFT等、財布の中身の送受信』

が行えます。

 具体的なやり方は実践編のときに説明しますが、普通のネット銀行等との違いを簡単に列挙すると

◎、即時~数分で完了する(銀行等第三者の都合で待つ必要はない)

◎、送金手数料が格安なモノが多い(利用するモノによって幅は大きく、0.1円~5000円くらい)

という感じです。

NFTの表示・閲覧

 次は

『NFTの表示・閲覧ができる』

という機能です。

 NFTとはデジタル化された証明書なので必ずしも視覚化されているモノとは限りませんが、イラストの所有者や作成者等を証明しているNFTなら、そのイラストを表示することが可能です。

 全てのウォレットがこの機能を備えているわけではありませんが、この機能を備えているウォレットなら、いつでも自身の所有しているイラストや動画のNFTが閲覧できます。

暗号資産の両替

 次は

『暗号資産の両替』

です。

 現時点では、ウォレット上で稼働するお金は暗号資産(=仮想通貨)です。

 そして、その暗号資産を自分の財布内で自由に両替することが可能です。

 これを法定通貨でわかりやすく例示するなら、貴方の財布内で日本円と米ドルを自由に両替できるような仕組みです。

 まだ法定通貨には対応していませんが、色々な暗号資産を必要とする場面が増えてきた場合は、とても便利な機能です。

web3サービスを利用できる

 最後は

『web3サービスを利用できる』

というモノです。

 全てとは言いませんが、大半のweb3サービスはこのweb3専用ウォレットを持っていないと利用できません。

 利用したいサービスに自分のウォレットを連係させることで、自由に使えるようになります。

 とは言え、きっと貴方は

「そもそもweb3サービスってどんなものがあるの?それが分からないと何とも言えないんですけど!」

との感想を持つかと思いますので、具体的にできることを列挙します。

<web3サービスの具体例>

◎、DAO化された金融サービス(Defiと言います)

 ・両替(スワップと言います)

 ・定期預金に預けて配当金を貰う(ステーキングと言います)

 ・利子を付けたお金の貸し借りが出来ます(レンディングと言います)

 ・新規発行株のようなモノが買えます(ローンチパッド、IDO等々と呼びます)

 等々が全て利用可能です。

 

◎、X2Eサービス(X2Eは講座0で説明しています)

 ・ゲームを遊んで稼ぐ(メタバース含)

 ・歩いて稼ぐ

 ・車の運転をして稼ぐ

 ・寝て稼ぐ

 ・食べて稼ぐ

 ・動画を見て稼ぐ

 ・学んで稼ぐ

 等々のサービスを利用することができます。

 

◎、NFTマーケット

 ・NFTの売買

 ・自分のNFTを発行する

 等が行えます。

 

 他にも

◎、DAO組織の事業方針決定の場に参加する(ガバナンスと言います)

◎、自分の暗号資産を作ったり、管理したりする

◎、エアドロップに参加する(エアドロップとは、無料で暗号資産やNFTが貰えるイベント)

等々、様々なことができます。

<現時点では無ければ、無いで問題はない>

 見てわかる通り現時点(2022年9月2日)では

「自分の生活の中になければ、ないで、別に困るわけではない」

というモノがほとんどだと思います。

 しかし、もし今後NFTが車検証国家資格の証明書として使われるようになったら?

 登記記録商品の在庫管理に使われる可能性もあります。

 テスラ社は車のキーとしてNFTを活用する開発を進めているそうです。

 そのようなことになってくると、無いと困る存在になりますよね。

 

 更に万が一、不景気でリストラされたり、無職になったりしたら?

 再就職までの間に自力で収益を得られる自信はありますか?

 X2Eならそれが可能です。(まだ今はこれだけで生活できるほどの収益にはなりませんが)

 

 これらは平凡に生活出来ている中では、なくても、知らなくても問題ないモノですが、今後はわかりませんよね。

 それにいざという時の選択肢の広がりになります。

 そして何よりも、このような直ぐそこにある未来の話はワクワクしますよね!

 折角興味を持ち、学習意欲も湧いたのですから、この機会に何となくでも一通り習得してしまいましょう!

 

 という事で、今回の学習はこれで終了になります。

 それではまた次の学習でお会いしましょう!

 次は、少し嫌な話になりますが、自分の身を守るために必須のweb3に横行している詐欺について学んでいきます。

>>>初めてのweb3学習④『web3で知っておくべき詐欺の手口と対策方法』をわかりやすく紹介します

最後に

「今後もこのような最新情報や、噛み砕いた説明等を見続けていきたい!」

と思っていただけた貴方は、下記より100円~のご支援をお願いします。

 この活動は私個人で行っていますが、このままだと10月からは今のようなレベル・頻度での情報発信は続けられなくなりますので、皆様からのご協力をよろしくお願いします。

サポートはこちらでも対応しています。

お好きな方を選択して下さい。

ふたひい@…にOFUSEする