『仮想通貨FLR(スパーク)のエアドロップ』についてわかりやすく説明します。

2022年7月1日

 2020年12月にスナップショット(権利確定)が行われ、多くの人がエアドロップ(無料配布)を待っている状態の暗号資産FLR(スパーク)

 これは暗号資産XRP(リップル)保有者なら誰でも参加できたため、このエアドロップに参加している人は多くいます。

 そのため

「暗号資産FLR(スパーク)はいつになったら貰えるの?」

「忘れていたけど、暗号資産FLR(スパーク)って今どうなってるの?」

等の声も多く聞かれています。

 

 実はこれに関しては具体的な日程も公開されていますので、

『エアドロップの内容を整理すると共に今後の日程について』

わかりやすく説明していきます。

 この記事を読むことで

◎、暗号資産FLR(スパーク)のエアドロップ日程がわかります

◎、エアドロップに参加していない人も、投資判断の材料になり得ます

 それでは、暗号資産FLR(スパーク)のエアドロップについて一緒に見て行きましょう!

暗号資産FLR(スパーク)とは?

 まず初めに暗号資産FLR(スパーク)について整理します。

 暗号資産FLR(スパーク)とは

『FlareNetWork(フレアネットワーク)で使われる暗号資産』

になります。

 フレアネットワークとは、送金性能しかないブロックチェーンを後付けてで簡単に強化することが出来るブロックチェーンです。

 具体的には、イーサリアムチェーンと同じようなアプリ稼働性能を装備可能になるようです。

 そのことにより、送金特化だったXRP(リップル)、XLM(ステラ)、LTC(ライトコイン)等がアプリ等で使われるようになって行くんですね。

 つまりNFTゲームやP2E等で使われて行き得るというわけです。

 

 これは結構大きな出来事ですよね。

※私の認識は2020年スナップショット時点からあまり多く更新されていません

※認識が古い可能性がありますので、あらかじめご了承ください・・・というかXRPとかFlare系のプロジェクトは、公式サイトの発信している情報が難しすぎるんですってば!

 当時書いた古い記事ですが、もう少し詳しく知りたい人はこちらもどうぞ。

>>>初めての仮想通貨『spark・スパークトークンとは?』超初心者向けに、分かりやすく説明します。

 

 何となくでもイメージが出来たところで難しい話はこのくらいにして、貴方が一番気になっているであろうエアドロップに関する内容に入っていきますね!

エアドロップの内容

 暗号資産FLR(スパーク)のエアドロップは

『最初15%配布後、残りの配布は投票で決めて行く』

です。

 当時強く興味を持っていた人は何となく覚えているかもしれませんが、このエアドロップ(無料配布)は一度に全部貰えるわけではないんですね。

 この辺り、当時とは少し内容が変わってきていますので一度整理しておきます。

 

◎、貰える量:スナップショット時点での暗号資産XRP保有量と同数 or それ以下

◎、配布スケジュール

 ・初回:受け取れる枚数の15%

 ・以降:ガバナンス投票によって決める

※ガバナンス投票とは、暗号資産FLR保有者による意思決定投票のこと

 こうなっています。

 そのため一度に大量にもらえるわけではないんですね。

<全部は貰えない可能性も?>

 私も毎日この難しい情報を常に追い続けていたわけではないので、見落とし、認識間違いがある可能性もありますが、現時点で私が把握している内容を紹介します。

 先程も少し紹介した、2度目以降の配布スケジュールですが、

「その後はどうやって配布していきます?」

は投票で決められることになります。

 

 まだ正式な提案は出されていませんし、投票は行えませんが、結構初期の段階で

「こうしませんか?」

との暫定提案がありましたので、その内容を紹介しておきます。

※あくまでも過去に出された提案です

>>>flare『仮想通貨spark配布について、保有者による投票を適用することについて』へのリンク

第一案:最初15%を貰い、残り85%を小額で買い取る権利を得る

第二案:最初の15%しか貰えない

第三案:最初15%を貰い、以降は毎月3%ずつ貰える

 この中で第一案がいまいちわかり難いので説明しますね。

 これはアメリカ等のエアドロップを受け取る度に税金が掛かる国での税金対策のために出された案ですね。

「無料で受け取ったとなると、受け取った時点で全てに課税されるけど、極少額で買い取ったという形にすれば、受け取るだけでは課税されないでしょ!」

ということのようです。

 色々と上手く考えますね!

 

 ということで、この辺りのことも含めて現時点(2022年7月1日)で私が把握しているエアドロップ日程について整理して終わりにします!

エアドロップの日程

1)2020年12月12日:スナップショット(権利確定)

2)2022年7月4日:暗号資産FLR(スパーク)誕生

3)2022年7月11日:フレアネットワークのメインネット稼働

4)2022年9月5日以降:暗号資産FLR、第1回目エアドロップ

5)2022年9月~2023年2月前後:今後どうするのかのガバナンス投票開始

6)ガバナンス投票終了後:投票結果の通りに配布される

 

 スナップショット時点での初期と比べると大きくスケジュールが変わっていますよね。

 それだけ暗号資産の世界は、1~2年で大きく状況が変化する凄く早い世界なんだということですね。

 当時はまだこのガバナンス投票という仕組み自体がほとんど認知されていませんでしたしね。

 もっと詳しく知りたい人は、私よりも詳しく、常に情報を集め続けている人から情報を取得して下さい。

 私と同じで

「そこまで全力で追ってはいないけど、とりあえず貰えるモノは貰いたいんですよ!」

という人は、後はとりあえず待つだけですね!

 是非参考にしてみて下さい!

最後に

「ブログ記事だけ読んでもよく分からない!」

「全く分からない私に都度質問しながら教えてくれるサービスはないの?」

と困っている貴方のために、個別相談ができるサービスを開始しました!

 web3.0を始めてみたい人の準備等を支援します 全く何も分からない人もweb3.0を始めよう!

 

◎、web3を始める準備をしたい

◎、web3系のサービスをいち早く利用してみたい

◎、web3のサービスってどんなモノがあるんだろう?

などの個別相談に、ふたひいがお答えします!

 もしかしたら私が無料で配信しているブログ記事で解決するかもしれませんので、いきなり購入ではなく、まずはココナラ内でお問合せすることをオススメします。

 少しでも興味を持った貴方は、是非お気軽にお問合せ下さい。

 私は普段からこのように難しい内容を噛み砕いたり、毎日100ヶ所を超える情報源から得た情報を皆さんにお裾分けする記事を書いています。

 そのため、また来てくださいね。

 

「毎日この量の文章を読むのは無理!そんな気力ないですよ!」

と言う人は、その日の情報を1分で確認できるLINEメルマガをご利用ください。

 登録だけでは貴方の名前や情報はこちらには一切わかりませんので、ご安心ください。

友だち登録をする 

 

「ブログ記事だけ読んでもよく分からない!」

「全く分からない私に都度質問しながら教えてくれるサービスはないの?」

と困っている貴方のために、個別相談ができるサービスを開始しました!

 web3.0を始めてみたい人の準備等を支援します 全く何も分からない人もweb3.0を始めよう!

 

◎、web3を始める準備をしたい

◎、web3系のサービスをいち早く利用してみたい

◎、web3のサービスってどんなモノがあるんだろう?

などの個別相談に、ふたひいがお答えします!

 もしかしたら私が無料で配信しているブログ記事で解決するかもしれませんので、いきなり購入ではなく、まずはココナラ内でお問合せすることをオススメします。

 少しでも興味を持った貴方は、是非お気軽にお問合せ下さい。

「情報提供ご苦労さん!

と、100円でも支援していただけたら嬉しくて頑張れます!

応援してくれる方はこちらから宜しくお願いします。

ふたひい@…にOFUSEする