『インターネットブラウザbraveの使用で得た収益を日本円に替える方法』をわかりやすく説明します。

 普段インターネットを見るときに使うだけで仮想通貨BATが自動的に貰える、インターネットブラウザbrave(以下brave)。

※2022年1月9日現在、スマホではまだ自分で直接貰う機能がありません。

※今後スマホでも直接貰えるようになった時のために、今から溜めておくことは可能です

 

 これは仮想通貨について何もわからない人でも、使っているだけで勝手に収益化されるのですが、貰った仮想通貨BATを日本円に替える場合は少し仮想通貨についての知識が必要になります。

 そのため

「これ、貰った仮想通貨はどうしたら良いの?円にできないと意味ないよね?」

「インターネットを見るとき、これを使うだけで収益化できると聞いたから始めたのに、円にする方法がわからない!」

「興味はあるけど、仮想通貨を円にする方法がわからないから迷っているんですよね。」

という声も多く聞かれます。

 

 そこで今回は

『brave使用で溜まった仮想通貨BATを日本円にする方法』

について、わかりやすく説明していきます。

 この記事を読むことで、仮想通貨の知識がない人でも

◎、brave使用で溜まった仮想通貨BATを日本円に替えられるようになります。

◎、braveを使い始めることについて、背中を押されます

◎、braveを使い始めることで毎月副収入を得られるようになります

 それでは、そんなbrave使用で溜まった、仮想通貨BATを日本円に替える方法を一緒に見て行きましょう!

 

 なお、

「そもそもbraveってなに?」

という人はこちらの記事をお読みください。

>>>『インターネットブラウザbraveとはなに?』その特徴を誰にでもわかりやすく説明します。

①用意するモノ

◎、braveのソフト

>>>『brave公式サイト』へのリンク

◎、仮想通貨取引所bitFlyerの口座

>>>『bitFlyer公式サイト』へのリンク

◎、銀行口座

 

 仮想通貨BATを溜めるだけならbraveソフト・アプリだけで始められます。

 ただし、その仮想通貨BATを日本円にするときに日本国内の仮想通貨取引所bitFlyerの口座が必要になるんですね。

 なお、他の取引所でも仮想通貨BATを日本円に替えることは可能です。

 しかし、bitFlyerはbraveと業務提携をしているので、溜まったら自動的に振り込みが行われる機能が付いています。

 初心者さんには一番簡単なので、これで紹介していきます。

 

②全体的な流れ

 まずは仮想通貨を日本円に替える全体的な流れを説明します。

 最初に全体像のイメージが出来た上で、具体的な手順を見て行った方がわかりやすいですし、

「今自分は何をやっているんだ?」

の不安が軽減しますからね。

 

1)braveでインターネットを見るようにする

2)仮想通貨BATが勝手に溜まっていく

3)BATを仮想通貨取引所bitFlyerに送金する(設定すればここは自動)

4)bitflyerで仮想通貨BATを売却して円にする

5)bitFlyerにある円を自分の銀行口座に送金する

 

 このような流れになります。

 今回のBATに限らず、仮想通貨は全て日本円に替えるためには一度日本国内の仮想通貨取引所に送金して、そこで売却する必要があるんですね。

 全体的な流れがイメージできたところで、それでは具体的な手順を見て行きましょう!

 なお、序盤でも言った通りこの記事作成時点では、まだ基本的にはパソコンからでしか直接収益化出来ないので、パソコン画面のみで紹介していきます。

※今回はbraveに関する内容なので、bitflyerに関する部分は省略しています。

 

③具体的な手順

1)braveソフトをダウンロードして使い始める

>>>『brave公式サイト』へのリンク

※アプリでも溜まってはいきます。

※今後スマホでも直接収益化できるようになった時のために、今から使い始って溜めておくのは有りです。

 

2)bitFlyer公式サイト右上の『新規登録』をクリックして口座を作る

>>>『bitFlyer公式サイト』へのリンク

※口座開設は指示に従って作成して下さい。ここでは省略します。

 

3)braveホーム画面右下の『Rewards設定』をクリック

※歯車マークのあるところです。

※braveを起動するとこのような画面が出ます

 

4)画面右側にある『ウォレットを認証』をクリック

※『ダウンロード』のすぐ下にあるところです。その右側にある『ウォレット』ではないので注意。

 

5)表示される内容を読んで『続ける』をクリック

ウォレットとは、仮想通貨専用の口座・お財布のことです。

※内容は「提携先と連携させると、自動振り込みがされるなど色々と便利ですよ」と書かれています

 

6)画面右側の『bitFlyer』をクリック

※クリックすると外部のサイト(bitFlyer公式ページ)に飛びます

 

7)bitFlyer口座開設時に設定した情報でログインする

 

8)『許可する』をクリック

 

9)手順4の画面で『ウォレットを認証』だった部分が『マイウォレット』になっていることを確認する

 

 これで毎月溜まった仮想通貨BATが、自動的にbitFlyerの口座に振り込まれます。

 あとは、bitFlyerで仮想通貨BATを売れば日本円にできます。

 その方法は

「わからない!?」

の声が多ければ、別記事で更に説明していきたいと思います。

 

 ちなみにパソコンでも、スマホでも投げ銭は出来ます。

 このブログを表示させている状態で、画面上のURLが表記されているところの右側にあるライオンマーク、これの更に右側にある『△』のマークをクリック・タップ。

『チップを送る』

で、投げ銭が行えます。

 応援としていただけたら泣いて喜びます。

 

まとめ

 今回はインターネットブラウザbrave使用で溜まった、仮想通貨BATの日本円に替える方法を

①、用意するモノ

②、全体的な流れ

③、具体的な手順

という流れで見てきました。

 

 これでインターネットブラウザbrave使用で溜まった仮想通貨BATを日本円に替えられるようになりますよね。

 インターネットブラウザbraveを使い始めることについて、一歩背中を押された人もいると思います。

 そしてインターネットブラウザbraveを使い始めることで、毎月副収入を得られるようになりました。

 

 記事下広告は、この部分への掲載です。

 1記事だけではなく、ほぼ全ての記事下に広告を掲載するので、一番料金が高いコースになっています。

 本ブログへの広告掲載をするサービスを開始しました。

 個人でも、企業でも、ツイッターアカウントでも、誰でも安価で掲載できますので、少しでも気になる貴方はこちらの記事をお読みください。

 >>>本ブログに貴方の広告を安価で掲載します。【掲載料金、条件などの詳細】

 

サポートはこちらでも対応しています。

お好きな方を選択して下さい。

ふたひい@…にOFUSEする