TheMarsメタバース『暗号資産MRSTのIEO情報』をわかりやすく説明します。

 今注目されているプロジェクトの一つであるTheMarsメタバース。

 ここで使われる暗号資産MRSTのIEOに関する情報が公開されました。

>>>TheMars公式ブログ『MRSTのIEOに関する情報』へのリンク

※IEOとは、取引所が上場させることを確約した上で行う先行販売のことです

 前から注目していた人の中にも存在自体を忘れてしまっている人もいたかもしれませんが

「やっと動き出しましたね!是非知りたいです!」

「私が見てもよく意味が分かりません。初心者の私にもわかるように教えて下さい!」

との声が聞こえて来ます。

 

 そこで今回は

『TheMarsメタバースの暗号資産MRST、IEO情報』

について、わかりやすく説明します。

 この記事を読むことで

◎、ここからのTheMarsの動きがイメージできます

◎、暗号資産MRSTの動きもわかります

 それでは、TheMarsメタバースの暗号資産MRST、IEOについて一緒に見て行きましょう!

暗号資産MRSTのIEO情報

◎、参加条件:TheMarsの火星人NFT保有者

◎、購入上限:NFT1個につき3000枚まで

◎、販売価格:0.1ドル(約13円)

◎、プレセール日

 ・第一回:2022年8月30日

※権利確定日時は8月25日19時(日本時間)、それまでにNFTを保有しておく必要あり

 ・第二回:2022年後半

 ・第三回:2023年前半

◎、取引所:不明、上場日程もまだ不明

※上場審査を受けている最中とのことです

◎、購入に必要な暗号資産:USDT

◎、買い方:

 1)ウォレットにNFTを保有する

 2)特設ページでKYC(本人認証)を受ける

 3)特設ページでNFTの入っているウォレットを使い購入する

※まだ特設ページはありません。

わかりにくい部分の補足

 ここまでの情報を見て

「何だよそれ!今年中に上場じゃなかったの!?来年上場ってことじゃん!」

「というか、IEOじゃなくてICOじゃないの?」

と思った人も多いかと思います。

 私も最初は貴方と同じように思いましたが、どうやらそうではないようです。

 このタイプのIEOは私も初めて見たので補足をします。

 

 通常のIEOは取引所が販売を行いますが、どうやらこれは違うようですね。

 更に、普通はプレセールが終わった後に取引所へ上場します。

 しかし、暗号資産MRSTはその部分も違うようなので、流れを確認しておきましょう。

1)プレセール1回目

2)取引所上場

3)プレセール2回目・3回目

となるみたいです。

 

 その上で、もし上場後に暗号資産MRSTの価格がプレセール価格(約13円)を下回った場合、それ以降に行われる2回目・3回目のプレセールでは購入しないという選択もオッケーだそうです。

 そして売れ残った暗号資産MRSTは全てバーンされて、価格上昇に貢献してくれるようです。

 今回は以上になります。

 注目している貴方は是非参考にしてみて下さい。

 

 なお私は参加しません。

 その理由は

◎、NFTを持っていないし、今から買う余裕もない(約1ETH:約22万円)

◎、マイニングアプリでコツコツ溜めて既に持っている

だからです。

 なお、暗号資産MRSTが無料で貰えるマイニングアプリは完全招待制なので、まだ始めていない貴方はこちらの記事を読んで、私の招待を受けて始めてみて下さい。

>>>NFTゲーム紹介:『The Marsとは?始める方法は?』をわかりやすく説明します。

最後に

 本ブログへの広告掲載をするサービスを開始しました。

 個人でも、企業でも、ツイッターアカウントでも、誰でも安価で掲載できますので、少しでも気になる貴方はこちらの記事をお読みください。

 >>>本ブログに貴方の広告を安価で掲載します。【掲載料金、条件などの詳細】

 

サポートはこちらでも対応しています。

お好きな方を選択して下さい。

ふたひい@…にOFUSEする