StepApp『2.0アップデート成長キャンペーンとは?発表された中身は?』をわかりやすく説明します

2023年1月25日

 Web3フィットネスプロジェクトの統合を目指しているStepApp

 ここが2.0への大型アップデートに伴う成長キャンペーンを実施すると発表しました。

>>>StepApp『今までで最大の2.0成長キャンペーンを開催しますツイート』へのリンク

「今までにないほどの大型アップデートは気になる!?」

「正直私は乗り遅れてるので、今度こそ乗りたいです!」

等の声が多く聞かれます。

 

 そこで今回は

『StepAppの2.0アップデート成長キャンペーンとは?発表された内容は?』

についてわかりやすく説明していきます。

 この記事を読むことで

◎、StepAppの今後の動きがイメージしやすくなります

 それでは、StepAppの2.0アップデート成長キャンペーンを一緒に見て行きましょう!

 

※発表内容に関しては発表され次第、随時追記をしていきます

1個目:保険会社との提携サービスの提供

 1個目は

『保険会社との提携サービスの提供』

です。

 StepAppはフィットネスアプリなので、運動量や健康に関する情報が集まります。

 その個別情報をAIが分析し、貴方に合った保険商品を紹介してくれる感じですかね。

 更に、StepAppのこのサービスを経由した場合には保険料の割引が受けられる。

 概ねこんな感じのサービスっぽいですね。

 

 今までのweb2に見られる”健康データ自体を売って稼ぐ”ではなく、”データを有効活用して新たな価値を見出す”という感じのコンセプトのようですね。

 そうすることで、web2とweb3の架け橋にもなるし、プライバシーも守られるという感じのことを言いたいのかなと思います。

 私にはそこまで魅力的には見えませんが、大きなお金が流れ込んでくる可能性があるという点では良いですね!

2個目:DAOの稼働

 2個目は

『StepDAOの稼働』

です。

 2月から稼働予定とのことで、DAOで行えることはStepAppの方針決定に参加できることなので、他のDAOと同じ感じですね。

 最初にDAOで決める内容は、

「資金プール内に貯まっている暗号資産Fitfiをどうするか?」

のようです。

 

 投票できる選択肢としては

◎、ステーキング報酬に上乗せする

◎、全てバーンする

◎、StepEXのLPステーキング報酬に上乗せする

◎、今後のサービス展開に使う

◎、今後の開発部門の報酬として使う

等のようです。

 

追記:1月25日

 最初のガバナンス投票が開始されました。

 暗号資産Fitfiをステーキングしている人は誰でも簡単に投票参加できます。

 >>>StepApp『ガバナンス投票ページ』へのリンク

 長期的にステーキング予定の私は、長期的に暗号資産Fitfiの希少性が高まることを期待して

『全てバーン』

にしました。

 この辺りは貴方の関わり方次第なので、特に私から強要したり、オススメしたりするものではないので、ご自由にどうぞ。

3個目:新たな通貨や新たな使い道など

 3個目は

『新たな通貨や新たな使い道』

です。

 具体的には、

◎、新たな通貨とはゲーム内通貨のCOAL

◎、新たな使い道はエネルギーで限定版ルートボックスが買えるようになった

です。

 COALとは、限定版ルートボックスが買えるポイントです。

 COALを手に入れる方法は、エネルギーで購入できる限定版ルートボックスから手に入るのみだそうです。

 

 エネルギーは今まで、スニーカーを持っている人以外にとってはただのゴミでしたが、これで多少は貯めるメリットが出来た感じですね。

 もっとも、スニーカーを持っていないとルートボックスの中身は活かせませんので、最終的にはスニーカーを手に入れる必要があるのは変わりませんけどね。

4個目:凄く簡単に利用開始が可能になる

 4個目は

『凄く簡単に利用開始が可能になる』

です。

 ダボス会議でも上がっている通り、web3普及に向けて最大の障壁は何といっても

『その難しさ、勉強が必要』

という点です。

 >>>世界の今後を左右する国際会議『ダボス会議2023の内容とは?』をわかりやすく説明します。

 StepAppはその点において、web2のアプリやサービスと同じレベルで簡単に利用開始ができるようにする取り組みをしているとのことです。

 具体的には

◎、生体認証

◎、電話認証

◎、メアド認証

等で簡単に利用開始ができるという感じみたいです。

 簡単に、誰でも利用開始ができるのは本当に素晴らしいと思います。

 でも、今回紹介されている内容って、最初から実装されていませんでしたっけ?

 もっと簡単になるということなんでしょうかね?

 

 あと、それらだけで利用開始できるweb3サービスって結構ありますよね。

 それらだけでウォレットを自動生成してくれてみたいな。

 ツイートの短い文章だけではまだ詳細がわかりませんが、ともかく、誰でも簡単に利用開始できる方向への開発が進んでいるということは良いことですよね。

5個目:招待制度の実装

 5個目は

『招待制度の実装』

です。

 StepApp利用者に配布される招待コードを利用して始めると最初から

◎、エネルギー10ポイント

◎、ジェム

が貰えるそうです。

 一方の招待した人の特典は・・・まだ発表されていません。

 招待した人に特典が付与されるのはどうやら2月から実装予定との噂があるので、招待コードを持っていて、招待することで少しだけ得をしたい人はまだ招待しない方が良いかもですね。

6個目:無料で始めることが可能になる

 6個目は

『無料で始めることが可能になる』

です。

 ただし、稼ぐことはできませんのでM2E(移動して稼ぐ)とは違いますね。

 無料で始めることで

◎、健康データを集計できる

◎、健康データを基にした保険割引などが受けられる

◎、アプリを試せる

ということです。

 そして、それによって良ければスニーカーNFTを購入する人が増えることを期待しているようですね。

 

 でも正直な話、私の感覚ではこれって旨味がほとんどないんですよねぇ。

 そもそも、アプリを試せるというのはアプリリリース前のテスト時に広くやらせるべきモノでは?

 すでに情報だけは広まってしまった今からやっても熱量は低いと思うのですが。

 StepAppは初期からその辺りは秘匿主義な運営なので、色々と”あれ”ですが・・・

 とはいえ、StepAppは日本よりも海外に強みを持っているので、世界的にはどうなのかは私にもわかりません。

 これがどう効果を発揮するかには注目ですね。

7個目:Defiの開発

 7個目は

『Defiの開発』

です。

 既にStepEXというDEX(取引所)はありますが、それよりも更に色々と出来るのがDefi(金融機関)とイメージしてもらえば問題ありません。

 暗号資産の貸し借りができて、そこから収益を得ることもできるようになります。

 今回の発表で保険にこだわっているようなので、もしかしたら保険商品も扱うかもしれませんね。

 ともかく、もっとStepチェーンを多くの人達に使ってもらうための行動ということですね。

8個目:取引所上場の拡大

 8個目は

『取引所上場の拡大』

です。

 暗号資産Fitfiを取り扱っていない国・地域の取引所への上場をしていくそうです。

 それによって、その国や地域でStepAppのサービスを利用する人の拡大が見込めるということですね。

 具体的には

◎、南アメリカ

◎、南アジア

◎、東南アジア

に進出予定だそうです。

 

 つまり開発途上国を中心に攻めるんですね。

 人口が多いですし、M2EやP2Eに積極的な人が多い地域なのでこれは良いと思います!

 もっとも、この情報だけで今すぐ何かが大きく動くという類の情報ではないので、インパクトは弱いですけどね。

最後に

 ブログ運営費用に充てるための支援金を募集中です。

 私の情報に対して少しでも

「役に立ちました!」

と思っていただけたら、少額でも支援していただけると助かります。

 このブログは個人活動なので、運営費の有無で継続性に大きな影響があるため、下記より是非よろしくお願いします。

サポートはこちらでも対応しています。

お好きな方を選択して下さい。

ふたひい@…にOFUSEする