初めての仮想通貨『XEM・ネムとは?』超初心者向けに分かりやすく説明します。

2021年2月8日

 2021年に入り、再び仮想通貨が注目を集め始め、興味を持ち始める人が増えてきました。

 

 そこで色々と銘柄があり、

「仮想通貨XEM(ネム)ってどんな特徴があるの?」

「なんか開発延期ばかりのイメージ!実際中身はどうなの?」

「調べても難しい説明ばかりで、初心者の私には分からない!」

「誰か、何も分からない私に分かるように教えて!」

のような声を多く見聞きするようになりました。

 

 そこで今回は、2017年から仮想通貨に興味を持ち、情報収集をし続けている私が、

『仮想通貨XEM・ネムとは?』

について超初心者向けに、分かりやすさ重視でお話していきます。

 

 この記事を読むことで

◎、仮想通貨XEM(ネム)がどんな特徴を持っているのかイメージできます。

◎、仮想通貨XEM(ネム)に投資をする上での基礎知識を学べます。

◎、これからの普及具合・流れを予測する材料になります。

 

  なお、

「そもそも仮想通貨ってなに?」

という貴方はこちらを先にお読みください。

>>>「仮想通貨とはなに?」「必要なの?電子マネーじゃないの?」等、超初心者向けにわかりやすく説明します。

「仮想通貨とはなに?」「必要なの?電子マネーじゃないの?」等、超初心者向けにわかりやすく説明します。

 

 

 それでは仮想通貨XEM(ネム)について見ていきましょう!

 

 

 

資本主義に一石を投じようとしている仮想通貨

 仮想通貨は色々な種類があり分かり難いですよね。

 

 そこでまずは、XEM(ネム)が実現しようとしていることを紹介します。

 それは

『新たな経済活動を作る!』

です。

 

 言い換えると

『資本主義とは違う経済の形を作る!』

と言う事です。

 

「それってどういうこと?」

と思いますよね。

 

 その辺りも含めて、仮想通貨XEM(ネム)の特徴を3点紹介します。

①、送金速度が速い

②、持っているだけで増える

③、貢献度によって影響力が育つ

 

 それでは更に深掘りして行きましょう!

 

 

 

①送金速度が速い

 仮想通貨XEM(ネム)は送金速度が速いです。

 仮想通貨の王様ビットコインが10分掛かるところを、XEM(ネム)なら1分で完結します。

 

 これが凄いのかどうかいまいちピンと来ないかもしれませんので、今主流の決済と比べて見て下さい。

 例えばクレジットカード。

 支払いはその場で終わりますが、最終的な引き落とし(決済)は数日後ですよね。

 

 そのクレジットカードで言うところの最終的な引き落とし(決済)がビットコインだと10分で完結します。

 そしてXEM(ネム)だと1分で完結します。

 メチャクチャ速いですよね。

 

 

 

②持っているだけで増える

 私達個人が仮想通貨XEM(ネム)を持つなら、一番の特徴・メリットと言っても良いのがこの特徴です。

 仮想通貨XEM(ネム)を1万枚以上専用の口座に入れておくと、自動的に増えていきます。

 

 その入れているXEM(ネム)を種として増えていく様子から、これをハーベスト(農作物の収穫)と呼びます。

 

 国内業者で購入できる仮想通貨で、自動的に増えていくのはこのXEM(ネム)とLSK(リスク)だけです。

>>>初めての仮想通貨『LSK・リスクとは?』超初心者向けに分かりやすく説明します。

初めての仮想通貨『LSK・リスクとは?』超初心者向けに分かりやすく説明します。

 

 

 

③貢献度によって影響力が育つ

 この特徴が資本主義に一石を投じる仕組みとなります。

 資本主義の仕組みは、お金がお金を生む仕組みなので、お金持ちはよりお金持ちになって行き、資産が集中していきます。

 

 しかし、XEM(ネム)の仕組みは違います!

 XEM(ネム)は持っている枚数だけではなく、その他貢献具合・行動を数値化し、それによって資産が形成されていきます。

 

 もう少し具体的に言うと、

◎、XEM(ネム)を使った取引が多い人

◎、XEM(ネム)の宣伝を頑張っている等、貢献した人

等にも報酬が支払われる仕組みになっています。

 

 もちろん、XEM(ネム)を沢山持っている人も、貢献として換算されますが、持っているだけで全然利用しない人は評価が落ちていきます。

 

 このようにして、資産量だけではなく、貢献・行動による資産形成という形で資本主義に一石を投じるわけですね。

 

 このような仕組みを

『価値経済』

と呼ぶ人もいます。

 

 資本(お金)だけではなく、行動の価値に資産的意味を持たせる経済圏のことです。

 XEM(ネム)に限らず、仮想通貨が普及していくと価値経済が広がり得ますので、頭の片隅に入れておいて損はないと思います。

 

 

 

XYM(シンボル)に進化後どうなる?

 この項目はXEM(ネム)の特徴ではありません。

 この部分だけ超初心者には少し難しいかもしれませんので、読み飛ばしても構いません。

 

 この時点(2021年1月)でXEM(ネム)に注目している人の多くは、

『XYM(シンボル)にアップデート後、XEM(ネム)はどうなるのか?』

これが一番気になると思いますので、載せておきます。

 

 一応知らない人も読んでいると仮定して説明すると、今XEM(ネム)は新たな仮想通貨XYM(シンボル)に進化しようとしています。

 

 そして、進化するまでXEM(ネム)をコインチェック等特定の業者の口座に入れておくと、進化したXYM(シンボル)が同じ枚数だけ無料で貰える状態にあります。

 

 しかし、進化後も古い方のXEM(ネム)はそのまま残り続けることが分かっています。

 

 そこで

「進化したら、もう性能が低いXEM(ネム)は必要なくない?なんで残すの?」

となりますよね。

 

 だから進化した仮想通貨XYM(シンボル)を貰ったら、古い方のXEM(ネム)を売るかどうか迷っている人が多いというわけですね。

 

 結論から言うと

『XEM(ネム)とXYM(シンボル)は住み分けが出来るから、お互い残る

です。

 

 XEM(ネム)は外部に影響を与えずに、開発・実証実験等を行える仕組みがあります。

 そのため、開発者の安全という面で強みがあるそうです。

 

 一方のXYM(シンボル)は、開発者ではなく企業や公的機関が利用するのに便利な特徴を持ちます。

 

 過疎通貨XYM(シンボル)の特徴はこちら。

>>>初めての仮想通貨『XYM・シンボルとは?』超初心者向けに分かりやすく説明します。

初めての仮想通貨『XYM・シンボルとは?』超初心者向けに分かりやすく説明します。

 

 

 そのため、

「誰向きの特徴を備えているのか?」

という部分で違いが出るようなので、進化したからと言って必ずしも

 

「XEM(ネム)は不要!」

とはならないようなんですね。

 

 これは個人の勝手な予測ですが、

『XEM(ネム)で開発、XYM(シンボル)で実行』

みたいな協調関係になりそうですよね。

 

 これらをどう捉え、判断するかは貴方次第です!

 

 

 

まとめ

 仮想通貨XEM(ネム)は、資本主義に一石を投じようとしている仮想通貨と言えます。

 

 その特徴は

①、送金速度が速い

②、持っているだけで増える

③、貢献度によって影響力が育つ

というモノでした。

 

 これで何となくでも仮想通貨XEM(ネム)の特徴がイメージ出来ましたよね。

 仮想通貨XEM(ネム)に投資をするかどうか、判断する上での基礎知識も身についたと思います。

 

 是非自身の投資判断の材料として下さい。

 

 もしXEM(ネム)に投資をしたいのなら、国内取り扱い業者だとほぼ扱っています。

 初心者は使いやすいコインチェックがオススメです。

 是非チェックして見て下さい!

 

 他の仮想通貨も気になる貴方は、こちらのカテゴリーを見る

>>>仮想通貨カテゴリー

 または、まだ作成していない仮想通貨に関しては、また私のブログに来て下さい!

 

 ライン@始めました!

友だち登録をする 

「一人では中々勉強とか、チャレンジが続かない!」

「誰か私のことを承認して!」

のような貴方向け!

 

 そんな承認し合える仲間の集まりを目指しています!

 

 そちらでは

ほぼ毎日午後8時

に情報を発信していきます。

 

 主な情報の内容は

◎、その日ふたひいが学んだこと

◎、その日作成したブログ記事等

◎、今ふたひいが注目していること

等々を、まだブログ記事にする前に発信していきます!

 

 登録すると他にも、

◎、ふたひいに質問をしたり

◎、グループチャットで仲間同士承認し合ったり

が行えます。

 

「一人では中々勉強やチャレンジが続かない!」

という貴方は是非登録してご活用くださいね!

「情報提供ご苦労さん!

と、100円でも支援していただけたら嬉しくて頑張れます!

応援してくれる方はこちらから宜しくお願いします。

ふたひい@…にOFUSEする