初めてのweb3学習⑥『ウォレットにチェーンとトークンを追加する方法を学ぶ』

2022年9月18日

 ここまでの学習で貴方は、web3とは何かを理解し、web3サービスを利用するために必須のウォレットも作れましたよね。

 そして前回の学習でチェーンごとに処理速度や掛かる手数料の差も確認しました。

※いきなりこの記事に辿り着き

「えっ!何を言ってるんですか?私はまだそれらを知りませんよ!」

という人はこちらから順に学んでください。

>>>初めてのweb3学習⓪『web3学習の全体像』をわかりやすく説明します。

 

 これらのことを知ったら

「処理速度が早くて、手数料も安いチェーンを使いたいですよ!」

と思いますよね。

 そのためには、ウォレットにそのチェーンを追加し、そこで使われるトークンも追加するという作業が必要になりますので、今回は

『ウォレットにチェーンとトークンを追加する方法』

について説明していきます。

 

 この記事を読むことで

◎、貴方のウォレットに複数のチェーンやトークンを追加することができます

◎、貴方が使いたい特徴を持つチェーンを選んで使えるようになります

 それでは、ウォレットにチェーンとトークンを追加する方法について一緒に見て行きましょう!

※これはパソコンも、アプリも基本的に同じなのでパソコンのやり方だけ説明します。

チェーンの追加方法:polygonチェーンを追加する

 polygonならクリック一つで自動追加をしてくれるサービスもあります。

 しかし、そのサービスの紹介では、そのサービスに対応していないチェーンを追加する方法が分からなくなってしまうので、手作業で追加する方法を紹介します。

1)メタマスク上部中央の『イーサリアムメインネット』をクリック

2)色々表示されるので、下の『ネットワークを追加』をクリック

3)必要事項を入力して、下の『保存』をクリックする

※手入力では大変なので、下にコピペできるようにしておきますので、ご活用ください。

※画像はエラー表示が出ていますが、私は既に追加済だからです

 

◎、ネットワーク名:自分でわかりやすいように自由でオッケー(Polygon、MATIC等)

◎、新規RPS URL: https://rpc-mainnet.maticvigil.com/

◎、チェーンID: 137

◎、通貨記号(オプション): MATIC

◎ブロックエクスプローラーのURL(オプション): https://polygonscan.com/

 

 これで追加完了です。

 トップ画面に戻り、手順1)のところをクリックして出てくる一覧の中に

『polygon』

が追加されています。

トークンの追加方法①:コインマーケットキャプを利用する方法

※今回は複数のチェーンに対応している暗号資産USDTを追加します

1)イーサリアムメインネットをクリックし、出てくる一覧からpolygonを選択する

※イーサリアムチェーンからpolygonチェーンへの切り替え作業です

⇒⇒⇒

2)コインマーケットキャプにアクセスし、検索窓に『USDT』と入力して検索

※ここからは一旦メタマスクウォレットとは別の場所での作業になります

>>>『コインマーケットキャプ』へのリンク

2)左の方にある『More』をクリック

3)一覧の中から『polygon』を探し、その右側にある『キツネのイラスト』をクリック

4)メタマスクウォレットが立ち上がるので、右下の『トークンを追加』をクリック

 

 これでpolygonチェーンに暗号資産USDTが追加されます。

 この方法はコインマーケットキャプに掲載されている暗号資産限定で利用できます。

◎、新しく誕生したばかりの暗号資産

◎、知名度があまりになさすぎる暗号資産

等は対応されていません。

 そのため、ここに掲載されていない暗号資産を追加したいときのために、手作業で追加する方法も紹介します。

トークンの追加方法②:手作業で追加する方法

※今回も暗号資産USDTの追加方法で見て行きます

1)イーサリアムメインネットをクリックし、出てくる一覧からpolygonを選択する

⇒⇒⇒

2)下の方にある『トークンをインポート』をクリック

3)必要事項を入力して下の『カスタムトークンを追加』をクリック

※通常は、この必要事項はそのプロジェクトのサイトに掲載されています

※コインマーケットキャプに掲載されていない時に、この必要事項がプロジェクトのサイトに掲載されていない場合は物凄く不親切なプロジェクトです

 

 これで追加完了です。

 手作業追加は、このトークンコントラクトアドレスを探す手間がかかる分だけ少し面倒です。

 よっぽどのことがない限りは、コインマーケットキャプを利用した追加をオススメします。

 今回は以上になります。

 ここまで出来れば、初心者を抜け出し始めたと言っても過言ではありません。

 web3で沢山行動すれば行動するほど、これらの作業は必要になりますので、是非この機会に覚えてしまいましょう!

 

 初心者向けの知識編はこれで一旦終了ですが、次回はチャレンジ編として中級者以上向けの知識もオマケで紹介します。

 無理はしなくて大丈夫ですが、今後ドップリとweb3に入る気満々な人には必要な知識ですので、頑張れる人は是非チャレンジしてみて下さい。

>>>初めてのweb3学習⑦『NFTに書き込まれている情報を読む』【チャレンジ講座】

「私はチャレンジする余裕はないです」

という人は、実践編にお進みください。

 それではまた次回お会いしましょう!

>>>初めてのweb3実践①『エアドロップについて学び、実際に参加する』

最後に

「今後もこのような最新情報や、噛み砕いた説明等を見続けていきたい!」

と思っていただけた貴方は、下記より100円~のご支援をお願いします。

 この活動は私個人で行っていますが、このままだと10月からは今のようなレベル・頻度での情報発信は続けられなくなりますので、皆様からのご協力をよろしくお願いします。

サポートはこちらでも対応しています。

お好きな方を選択して下さい。

ふたひい@…にOFUSEする